So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

乳がん:麻央さんと北斗晶さん [健康]

 乳がんで最近亡くなられた小林麻央さんと元気になった北斗晶さんの違いは何かと考えました。
北斗さんは、発見されるとすぐに手術をして、その後抗がん剤や放射線療法をしました。
手術が全摘出だったのは残念ですが(部分で良かったのに)、とにかく今はお元気でテレビなどで活躍しています。
 ところが、麻央さんは、ネット情報を集めてみると、すぐには手術をしなかった。
小さなビー玉くらいのしこりが授乳中に発見されたが、手術は選択しないで、その後は抗がん剤と放射線療法だけで1年半ほど経過したそうです。
最初に発見された時は悪性腫瘍か良性か単なるしこりか乳腺炎かわからなかったそうです。
なので医師は経過観察みたいなことで大丈夫と言ったらしいのです。
その後、麻央さんは大病院を三件も転院しているそうですが、それも一環した治療からは遠ざかったようです。そして放射線と抗がん剤、気功に頼ったらしいのです。
1年半後に診断されたのは、リンパ腺にもガンが転移していて進行していたとのこと。
それからドンドン進行して最後にはあごにまで転移したとかで末期がんになってしまったのでした。

私自身の体験から言えば、麻央さんよりも少し若い時に、まだ出産も経験してない頃、一円玉ほどのしこりが見つかりました。
市内の大きな総合病院で見てもらうと、たぶん良性で乳腺炎だろうとのこと。
切ってみないと悪性かどうかわからない。
その時、診察してくださった医師はラッキーなことにアメリカのジョンズホプキンス医大で乳房外科専門だった医師。確か四人のお子様がいらしたと思う。
迷っていると、妻なら切ってみます、というので、すぐにお願いした。
部分麻酔だが手術台に乗っての手術で10分程度だった気がする。
麻酔のせいか気楽になり、医師と会話をしながらの手術で切った一円玉のような部分を取り出して見せてくださった。ミルメークのような物。なんだ、そんなものか、と体内の物を見る不思議体験だった。もちろん、良性の乳腺炎だった。
その後、ほんの1センチ程度の傷は見えない程度になり、普段は手術したことさえ忘れている。

麻央さんも、ほんの10分程度のことなのだから、手術してしまえばよかったのではと思う。
ただの乳腺炎か良性のもの、で終わっていた可能性がある。

放射線をガンに当てる療法というのは、近藤誠医師も船瀬俊介氏も主張しておられるが、放射能を体に当てるのだから、ガンを発生させる可能性がある。
実際に放射線療法でガンが再発した、転移したといわれるのの何割かは放射線による発生だというのだ。抗がん剤で全身細胞の抵抗力を弱くして実施するのだから、ガンも発生しやすくなる。
だから、麻央さんが再発、転移したというのは、放射線照射によって発生したのかもしれない。
そうして、手術もしないでいた1年半の間に麻央さんのガンは全身に転移してしまったのかもしれない。やはりニキビやオデキは切除しておいたほうが良かったと思う。

近藤誠医師は、慶応病院の乳房外科で日本で初の部分切除を主張して実施した医師です。
それまでは乳がんといったら、全摘出が主流だったのを周囲の反対を押し切って部分摘出に変えてきた人です。今ではなるべく温存療法といって、全摘は避けて部分摘出をするというのが日本の主流になっていますが、それは近藤誠医師の貢献が大きいのです。
全摘の場合の再建手術をしているのが、よくテレビに出ている、一日一食主義の南雲良則医師です。
今日も、「主治医が見つかる診療所」に司会の草野さんと出ていましたね。


明るく前向きになれる 乳がんのお話100 (命の食事シリーズ)



健康診断は受けてはいけない (文春新書)


抗がん剤だけはやめなさい (文春文庫)


近藤誠 僕はあなたを「がん治療」で死なせるわけにはいかない! (文春ムック 文藝春秋クリニック) (文春MOOK 文藝春秋クリニック)


保江邦夫氏講演会:相模大野 [不思議系]

本日、猛暑の中、保江邦夫氏の講演会に行ってきました。
昨年、参議院選挙に立候補します、という決起大会兼講演会を東京で拝聴して以来なので約1年ぶりです。
何か新情報があるかしらという単なる好奇心から参加しました。
とはいうものの、猛暑の中、正午近くに出かけるには勇気と準備がいります。
首に氷をまくタオルでは不足で、今日は水で濡らしたタオルを頭からかぶり、イスラム教の女性みたいなスタイルで出かけました。
駅までの15分でタオルはすっかり乾いてしまいましたが、顔も頭もすっぽり覆うのはなかなか効果的で涼しいです。
欧米での酷暑が移動してきて今後は40度50度になるかもしれず、熱中症対策は必須です。
しかし、相模大野は冷房の効いた電車に乗って30分、涼しい会場は駅から徒歩3分なので楽でした。
さて、保江先生のお話は、嘘のような本当の話、本当のような嘘の話?
6月末から7月7日までは人が変わる時期、変われる時期だった。
私の日記を見ると、普通どおりの仕事の日々で特段変わったことはなかったのですが、皆様はいかがだったでしょうか。
保江先生の知人の友人のお子さん、小学生の男子が交通事故に遭いました。
血だらけで病院へ運ばれたが傷もケガもなかった。内出血も何もない。
帰宅してみると、男子が母親に言ったことには、自分は死んだのだけど、安倍晴明が出現して
救ってくれた、とのこと。
その後、お経でも、祝詞でも一瞬のうちにすらすらと暗唱できるようになった。
しかし、6月末から7月7日までは安倍清明が、変わる時期に内在していたのでは男子の邪魔になるからと言って抜けたのでお経も読めなくなった。
スピリチュアル界では有名な佐世保の喫茶店アンデルセンが7月3日に突然閉店したこと。
保江先生は有名人と一緒に何回か行かれたそうです。800円以上のカレーやスパゲッティを頼むとみられるマジックショーと称してマスターがすることは、壁に貼ってあるメニューの写真から本物のハンバーガーを取り出して食べたり(壁の写真は消えている)
お客から百円玉を借りてペンで穴をあけて、抜いてから客に返すともとに戻っている、とか
マジックを越えた超能力みたいなこと、なので予約しないと行けなくて、この30年常に満席だったそう。佐世保 アンデルセン、と入れてネットで検索して調べると、様々な人の目撃体験があり、
例えばお客から借りた紙幣を瞬時に卵の中に入れて取り出してみると控えた番号と同じ紙幣だったとか、
そんな面白い喫茶店なら、閉店の前に一度行ってみたかった、でした。
しかし、閉店の理由はマル秘です。ヒントとしては、超能力者のジョー・マクモニーグルと同じような感じで、それ以上は言えません。
更に山口県の田布施の神社の話や福岡の神鍋の神社の話など、面白いお話が満載でした。
次回は横浜で7月24日にありますので、興味のある方はぜひどうぞ。
テーマは「世界を変えるたった一つの秘密」だそうです。会費は5千円、主催はナチュラルハンドアカデミーholos というところみたいです。



神と人をつなぐ宇宙の大法則 (理論物理学vs仏教哲学)


魂のかけら―ある物理学者の神秘体験


七夕と森林災害 [自然]

昨日今日明日と平塚は七夕まつりです。
しかし、10年か20年前から七夕の時期には平塚駅周辺には近づかなくなりました。
満員電車のような混雑が苦手というのが理由です。
今日は伊勢原駅まで用事で行ったのですが、伊勢原駅から平塚行きのバスには100人も並んでいました。浴衣の女子など、若い人は混雑をものともしないパワーがあるのですね。

さて今回の福岡大分の災害は、前々から木内鶴彦さんが言ってたことと同じで要因は森の手入れ不足だと思いました。
現地に行っていた森林土砂?災害を研究されている学者も同じことを言ってました。
 杉を植林したけれど、間引きの伐採をしてないので、小さな杉が林立して根が小さいから土砂と水が流れてくると倒れやすい。
本来は杉を間引きして間隔を取り、杉を大きく育てれば根が張るし、その杉の間に広葉樹を混ぜて
育てればなお良いそうです。
 ところが七割が高齢者の村では森林の手入れをする人がいなくなった。
テレビで見てもわかりますが、本当に細い杉が隙間もなくびっしりと生えています。
だから、土砂に押し流されて、杉も皮がむけて裸の木材みたいになって流れてきて家や川、橋を破壊することになってしまったのだとわかりました。
 これから日本中、森林が荒れ放題ですから、森の谷あいのような村や町では、同じ災害が頻繁に起きるのではないかと思います。
 木内さんが前々から仰っていたことは人間の役割は、森を大切に整えること、それが人間のすべてを守るということでした・・・
 福島県の私の祖父が70代になっても年に一回の村の共有林の下刈り当番の時は、頑張って出ていったことを覚えています。
当番で行けない家はお金を払って代わりの労働者を雇ってもらっていました。うちも徐々にそうなりましたが。
でも、そういう代わりの人もいなくなったのか、いわきへ行くとき常磐道の側道は下草やツルが伸び放題で林がジャングルのようになっているので、あ~あ、と毎回見ています。
 日本中同じですね。
若い人がもっと森で働くようになるといいのですが・・・
 前にテレビで、国もどうにかしないと、と対策を始めたので森で働く若い人の賃金が上がった、という報道がありました。
 地球の肺、酸素の供給源であるアマゾンが失われている、森林伐採で一年間で四国一つ分くらいずつ消失している。人間は徐々に窒息して消滅していく、あるいは温暖化が激しくなる。
というのですから、いよいよ地球が住めなくなるまで気がつかないのかなあ、です。

宇宙(そら)の記憶―彗星捜索家の臨死体験


「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み


(文庫)生き方は星空が教えてくれる (サンマーク文庫)


地球に生まれたあなたが今すぐしなくてはならないこと


シンセサイザー [音楽]

シンセサイザーといえば、昔、宮下富美夫さんや喜多朗さんが大きなオルガンみたいので演奏するのしか覚えていないのですが、最近、ネットで調べてみると、なんと小型になって機能も非常に進化しているので驚きました。
持ち運びできて、電車の中でも作曲ができるとは、すごいです。

 
PBSJP0061 シン??セサイザー Synthesizer 超スリム コンパクト INNOVE 4000mAh モバイルバッテリー iPhone / iPad / Android / Xperia / Samsung Galaxy / 各種スマホ / タブレットなど対応 充電器 外部バッテリー パワーバンク


Roland ローランド FA-06 シンセサイザー (汎用ソフトケース/Audio Technicaモニターヘッドホン付きセット)


人は全員死ぬことになっています [風物詩]

近所のアジサイが青々としています。ところどころピンクになっているのもあり、梅雨ですね。
平塚と大磯の境にある高麗山、別名湘南平は、東海道53次の絵にも描かれていて、今も絵と同じ丸い形をしています。
500年前の高麗山も500年後の高麗山もたぶんよほどの天変地異がなければ同じ形。
富士山も江戸時代に比べると低くはなっているそうですが、ほぼ同じ円錐形です。

つまり、私やあなたが死んでしまって消えても高麗山や富士山は変わらず、同じ形でそびえていて、
今生きている人がすべて地球上からいなくなっても、太陽は輝き、月は夜には照り映えて、ゴキブリはうろうろしているわけです。

海老蔵さんの奥さんが亡くなったことを皆が嘆いているのですが、永遠に生きる人はいないのです。
かなり若いということで惜しまれはしますが、いずれは海老蔵さんもテレビの出演者も視聴者も全てがこの世から消えていくことを考えると、単に遅いか早いかの違いです。
Man is mortal. 人は全員死にます。

生き残った人が勝ちというわけでもなく、死ぬことはそれほど驚嘆することもないということがわかります。これを一言でいうと諸行無常というのでしょうね。


アナログシンセサイザーSX-150 MARKII


斉藤一人さん新刊:「人間力」が面白い [本]

なんと歌舞伎町の店主さんとの対談という本が話題です。


斎藤一人 人間力 一人さんと二人で語った480分

酸素リキッドを飲んでいます。
酸素缶に飽きて試してみたのですが、元気いっぱい
昼寝をしないでも一日人間バッテリーがもつようになりました。

エバニュー(EVERNEW) オーツープラス リキッドオキシゲン EBY568


【2個セット】酸素リキッド(オアシスO2リキッド)


メルマガのお知らせ [日記]

このブログと同じメールマガジンを発行しております。
週に一回くらいのお届けになりますが、良ければ試しにご登録ください。

 
メルマガ購読・解除 ID: 161572
不思議大好き、わくわく冒険日記
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

抗がん剤で殺される [健康]

船瀬俊介氏の本をご紹介します。
アマゾンのコメントより引用させていただきます:
「沢山の健康本を購入しましたが、船瀬さんは医療だけではなく、電磁波、住宅食品他全般のすべての事に一番詳しい方で、医療の実態がよくわかります。抗がん剤、手術放射線治療を受けるより何も治療をしない人が一番長生きしている事がよくわかりました。癌は50歳過ぎるとほとんどの方が持っていて、犬猫も死んだ時は癌細胞がある話を聞いていたので、本当に納得させられました。癌と診断され辛い苦しい思いをする前に読んでおくと、癌と言われても、「たいしたことない。」と軽く受け止められると思える一冊です。免疫治療を受けて、全財産を投げ打っても、良くならずに亡くなった知人もいるので、一家庭に一冊あると、日本での癌死亡率も医療費削減にも繋がると思います。友達数名に話したら、全員購入しました。どんな健康本より、真実がわかります。」

医療大崩壊  もう、クスリはのめない 医者にはいけない


抗ガン剤で殺される―抗ガン剤の闇を撃つ


史上最凶レベルの言論弾圧に抗して諸悪すべてを暴く  日本の真相! 3


未来を救う「波動医学」  瞬時に診断・治療し、痛みも副作用もない


「健康茶」すごい!薬効  もうクスリもいらない 医者もいらない


病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」


ガン治療の95%は間違い [健康]

母を胃がんで亡くした時にわかったことは、手術、抗がん剤、放射線の三大療法でもガンは治せないということです。母は三年間病院で三大療法を受けて亡くなりました。

この10年以上、近藤誠先生の著書「患者よ、ガンと戦うな」「ガン放置療法のすすめ」や船瀬俊介氏の同様の著書を読んだりして学んだことは、検診を受けない、検診を受けてガンがあっても治療しない、現代医学を信じないということです。

人は誰もが体のあちこちにガン細胞があります。日々、600個くらいのがん細胞が発生しては消えているそうです。次第に増加しているので、長生きして80代、90代の人の体も解剖してみれば、あちこちにガンがあるとか。

がん細胞は日々、体の中で発生しては消えたりしているそうなので、ニキビのようなものかもしれません。
だから、どんなに元気な人も精密検査をしてみれば、いくつかはガンがあるのです。
それを気にして入院し、三大療法を受けた途端に元気な人が弱り、数年で死に至るケースが多いのです。

早期発見で良かった、ではなくて、早期発見はしないこと、無視したほうが良さそうです。
元気に運動したり、仕事をしたり、楽しい旅行をしたりしているうちに、がん細胞が消えてしまうからです。さらにブログ内にも書きましたが重曹が効きます。
重曹療法は簡単で安すぎ、医療界がもうからなくなるので世界中で無視されているようですが、イタリア人の医師が実施しています。
どうして、芸能界の人って、医学や病院を神のように信じて、早期発見、三大療法であっというまに
早世してしまうのでしょう?
逸見正孝氏、勘三郎さん、そして小林麻央さん、麻央さんも最初に見た医師は大したことない、ガンではないかもしれないと診断したそうです。(私自身、32歳ごろに一円玉大の乳腺炎を見つけ、取り出す手術を受けたことがあります。乳房外科の権威ーアメリカのジョンズホプキンス大学で乳房手術専門の医師は、取らないでも大丈夫だが、妻なら切っておく、とのことでそこだけ摘出、その後何ともありません)ところが元気な麻央さんは、別の医師を訪ね、ガン治療を開始したそうです。効果のない抗がん剤は医師がガンになったとき、拒否するそうです。
放射線療法は放射能ですから、何度も受けるうちに他の部分へのガンの発生源になり、発生すると再発とか転移といわれます。手術は生体を痛めます。みるみる生気を失ってしまった麻央さん。
芸能界には疑わない素直な人が多いのか、残念です。

ガンが体中にいっぱいあるの、とにこにこしながら、治療は一切しない、と元気に芸能活動を継続しているのは、樹々キリンさんです。さすがです。



がん治療の95%は間違い (幻冬舎新書)


健康診断は受けてはいけない (文春新書)


がんを忘れたら、「余命」が延びました!


世界一ラクな「がん治療」


もう、だまされない!  近藤誠の「女性の医学」


がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)


小学校同級生が語る安倍君 [政治]

阿修羅掲示板より転載させていただきます:
「うんこよりも嫌われ者の安倍くんは同級生」と、思わず腰を抜かしそうなタイトルの一文をネットに投稿したのは“ぴょんぴょん先生”こと、女医の白木るい子さんだ。
 成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスだったそうだ。“ぴょんぴょん先生”が語る幼少時代の安倍晋三首相である。 (原文のまま)
*******************
 共謀罪が強行採決されたら、不敬罪でつかまると思うので、今のうちに言いたいことを言っておこうと思います。
 国会の答弁を見ていても、「どうせ共謀罪が実行されるんだから、言いたいことが言えるのも今のうちさっ」って感じのふてぶてしい安倍くん。
 国会中に席をはずし、ズボンを上げながら戻ってくる安倍くん。
人の話を、せせら笑うような顔で聞いている安倍くん。
 質問しても、別の話を持ちだして流れを変え、肝心の答は絶対に言わないよう訓練をされた安倍くん。
  「自分が関与してたら総理大臣を辞めます」と言ってたのに、一向にやめる気配のないウソつきの安倍くん。
 読売新聞を読めという安倍くん。
何をしてもボクちゃんはトップだから、というアホ丸出しの安倍くん。
 ネットではサイコパスと呼ばれ、最低な人間、歴代最低の総理なんて言われてる安倍くん。
 なんて奴だ! あんたにはひとの心がないのか?! と叫ばせてしまう安倍くん。
哀れなヤツだ、こんなヤツじゃなかったのに、と嘆かせる安倍くん。
 恥を忍んで言いますが、安倍くんと私は、ともに成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスでした。

▼「早く退陣してほしいと」と安倍首相の同級生!

 “ぴょんぴょん先生” ”こと、女医の白木るい子さんが語る幼少時代の安倍首相である。
******************
 安倍くんと私は、ともに成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスでした。
安倍くん、覚えていますか? 担任のN先生のことを。 私はあの先生に出会ったおかげで、今の自分があると思っています。
宮沢賢治がお好きで、授業でも賢治のことを話してくださり、そのおかげで私も賢治のファンになりました。
 問題児がいても、その子の人格を認めながら、上手に導いておられました。いつも笑顔で、クラス全員を平等に見てくださっていました。子供には、そういうことはすぐにわかります。
教室にゴミが落ちていると、ご自分が真っ先に拾う。そういう先生の姿勢を目撃したときから、生徒たちもそれをまねるようになりました。
 N先生が生きておられたら、安倍くんの現状を見てどう思われるでしょうか。
心が柔らかい時代に、あのような人格者と出会ったことが、あなたにはまったく影響を与えなかったのですね。
 安倍くんは目立たない、おとなしい子供でした。今思えば、立っている時はよく手を後ろに組んで、偉そうだったのを思い出します。
 でも、今のようなサイコパスではなかったし、品もあったし、友達もいて、けっして感じの悪い子ではありませんでした。
夏休み明けに、教室で安倍くんが話していたのを覚えています。「軽井沢の、おじいちゃまの別荘に行っていた」と言っていました。
 小学校卒業のサイン帳。友人が安倍くんに書いてもらったのを、見せてもらいました。
  「将来、総理大臣になるから、そのときは云々(でんでんじゃないよ!安倍くん!)してあげる」という内容でした。まさか現実になるとは、冗談で終われば良かったのにと思います。
 そういう中で大学までぬくぬくと育ち、おじいちゃま(岸信介)から洗脳を受けながら大きくなった安倍くん。きっとおじいちゃまは、自分の培ってきた悪知恵を、安倍くんの脳みそに楽々と書き込むことができたことでしょうね。
 最近のふてぶてしい答弁を見ていると、いっぱい権力を握り、回りも固められて、立派な鎧はつけているけど、中身は弱々で自信がないんだろうなあと思います。
 アメリカから、「6月に首相の座を降りろ」と言われた時など、そうとうにビビったのではないでしょうか。
 そういう小心者なのですが、「なんとかに刃物が一番コワい」ので、早く降りて欲しいと切に切に願っています。
 国民のためにも、日本のためにも、世界のためにも!・・・以上転載終わり

 

前の10件 | -