So-net無料ブログ作成
検索選択

2018年予言;豊洲市場はカジノに [社会情勢]

ネットのあちこちで集めた情報によって、今後起こることをまとめてみると、
1.(副島隆彦学問道場HPより)築地市場はそのままで、豊洲は大きなカジノになる
ニュースによれば、今週にかけて、ラスベガスやマカオのカジノ王たちが続々と来日していて
「日本はラスベガスに次ぐ世界のカジノになる。金額に上限なく日本のカジノに投資する」と
 述べているそうです。)
(以下は大井幸子氏の「円消滅」などからまとめました。
2. 2018年11月に大嘗祭(天皇となるための儀式)を今の皇太子が行う準備が進められているそうで、すなわち今の天皇が在位30年を節目として来年退位するらしい。
これをきっかけとして、日本の経済情勢も変革されそう。
3.2018年は米国債の償還期限、米国債を最も買っているのは日本、アメリカ
 それをなんとか削減したいので、通貨交換を米ドル一ドルに対して一円とかにしたい。
すると、100兆円返す分が1兆円になるから借金を減らすことができる。)
そのため、日本に新円切り替えやデノミなどを迫りそう。
4.日本も巨額な国債という借金を減らしたいので、例えば新円切り替えにして今の100円を新円の1円と交換する。その間、預金引き出しを制限し、預金封鎖とする。
5、財産税を大幅にかけて、土地や持ち家に資産税をかけてくる。
そして、預金には例えば一千万円以上には50%とかの資産税をかけて、半分しか引き出せないようにする。そして国民の富を収奪する。(70年前は90%の財産税)

というわけで、来年は明治維新のような大変化の年になりそうです。
ではどうしたらいいのか、備えあれば憂いなし。
金(きん)に変えてもいいのですが、もう金は上がり切っていますので、買うなら30年前に買っておけば、という感じです。でも現金を持っていて、100分の1になるよりはましかもしれないし、わかりません。かつて誰かが金は仏像などにしておけば、税金がかからないと言ってましたが??
食べられない金塊よりも蔵を立てるか倉庫を借りるかして米俵を100俵と味噌を千キロ備蓄しておいたほうがよいのかも、江戸時代みたいに??
株は貨幣価値が下がる時代を乗り越える良い手段だという本も昔アメリカでベストセラーになりました。
ただし、証券会社が勧めるセットの株はダメです。
自分で一つ一つ堅実そうな会社の株を選んで長期保有のスタンスで持つわけですが。
まあ一番いいのは、田畑を耕作して自給自足していることだと思います。
資産や財産のない私があれこれと皆様のことを心配しております(^^)
取らぬ狸の皮算用?



ユーロ恐慌  欧州壊滅と日本 (Econo-Globalists 19)


税金恐怖政治が資産家層を追い詰める


誰も語らなかった 首都腐敗史


黄金の相場予測2017 ヘリコプターマネー


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0