So-net無料ブログ作成
検索選択

アキエ夫人秘書の栄転 [政治]

総理夫人だからといって国家公務員を五人も秘書代わりにして使うなど前代未聞のことで開いた口がふさがらないでエクトプラズマが出そうである。(きっこさんの真似)
10年以上前に菅直人夫人とお会いして、2ショット写真も撮らせていただいたのだが、彼女は一人でさっそうと行動していた。それだけの才覚も信念もある女性なのだ。

しかし、悪いけれど、安倍夫人は聖心女子高校で普通の成績を取っていれば、女子大に進むことができるのに、それができなくて、専門コースを卒業したそうな。
成績で人をあれこれ言ってはいけないのだけれど、総理夫人になってからのアバウトな行動を見れば
なるほどなあ、と思ってしまう。

で、口利き疑惑を一人の秘書のせいにして終わろうとしている安倍内閣だけれど、今度週刊誌に
その秘書の異例の栄転が報道された。以下に転載します。・・・
「週刊新潮4月20日号によると、谷氏はイタリアの政府系機関へ異動する予定だという。谷氏の父親も事実を認めている。

「谷さんの異動先は、経済産業省が所管する独立行政法人『ジェトロ』のミラノ事務所か、ローマに事務所を開設したばかりの観光庁所管の『JNTO』でしょう。在イタリア日本大使館の可能性もあります」(霞が関関係者)

 東大文卒の谷氏は、1998年に経産省に「準キャリア」として入省。2013年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の“秘書役”を務めた。16年から中小企業庁に移っている。

■普通ではあり得ない「異例の優遇」

 谷氏のイタリア異動について「キャリア並みの厚遇と言えます」と指摘するのは、公務員制度に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏だ。

「役職からいって、谷氏の現在の給与は年800万円程度とみられます。仮に異動先がジェトロだとしたら、給与は年640万円ほどになるでしょう。ただ、別途、海外赴任手当が月50万円、住宅手当が月18万円程度プラスされる。現地での生活費は手当だけで十分に賄えるので、給与はほぼ全て貯金に回すことも可能です。準キャリアが海外に異動を命じられることは、普通ではあり得ません。それだけでも異例の優遇と言えます」

 谷氏の「栄転」は、口利きの責任を一人でかぶった「ご褒美」なのは明らかだ。安倍政権にとって、谷さんのイタリア赴任は、メディアの取材攻勢をかわすことと、優遇することで将来にわたって「造反」しないようにする2つの狙いがあるのだろう。」以上転載終わり

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。