So-net無料ブログ作成
検索選択

五度の臨死体験 [不思議系]

昨日、特に用事はないのだけれど、買い物のついでにブックオフに立ち寄りました。
店頭に108円になった近藤麻莉恵さんの本「人生がときめく片づけの魔法」があったので、まず籠にいれました。話題になり、本人出演のテレビも見ていたので大体わかるのだけれど、本はまだだったのです。読めばまた、片づけと終活のやる気が出るかも。
ほかには、特にほしい本はないなあ、と一応ぐるりと回ったら、ピカと光る本があり、目次などを見て、これは買わねば、とすぐに籠に入れた本が「五度の臨死体験でわかったあの世の秘密」小林健著でした。
帰宅して夕食後、本の存在がすごい、ピカーと光ったまま、ですが、読まないでも中身がわかる気がしました。ストンと量子になって入ってきたのです。だから読まないでもいいな、と思いましたが、一応読み始めたのが深夜12時、幸い今日月曜が休みなので、3時までかかって読み通してしまいました。いやはや、二度の臨死体験の木内さんもびっくりぽんの五度です。
もういいでしょ、としつこいくらいの天国行き、女性の神様にも、いい加減にして何度も来ないで、と叱られたそうです。
1940年生まれのアメリカ在住のヒーラー、ハリウッドで有名な人で、俳優、女優野球選手、歌手などに人気だそうです。
去年あたりから本が出ていてブームだったのに、まったく気が付かなかった、もしかして、お名前が小林健さんだからかも。同じ小林ケンという人を二人知っているので、(不思議研究所の小林ケンさんと木内さんのプロデューサーの小林ケンさん)、どちらかといえば、不思議研究所のケンさんかと思ってスルーしていたのです。
あるいは、新刊書店には滅多に行かなくなったからかもしれません。
 臨死体験は七歳の時、生まれ育った新潟のダムで溺れて湖底に沈み、翌日遺体が発見された、引き上げられた時、ロシア人の父がカバラの秘術で祈り続け、生き返った。
その時、天国に行って女性の神様に会った。
35年前に渡米してからも臨死体験は続き、死体となって緑色のビニール袋に入れられたり、棺桶に入れられて遺体安置所に置かれてから生き返り、一人で起きて帰ってきたとか、うそー、と言いたいほどの臨死体験。
 ヒーリング方法や病気の治し方、天国の様子、など面白い。
死んだら、分子がばらばらになって宇宙に行くので生まれ変わりはないが、たまに分子が集まって輪廻転生することもあるとか。故人の船井幸雄さんは近々生まれ変わりたいとおっしゃっているとか。
天国に行った船井さんや甲田光雄医師の霊と交流があり、何かと導いてもらっているそうです。
船井さん、甲田さんの霊と知り合ったのは、大阪の鍼灸師、森美智子さん(青汁だけで生きている)の紹介だそうです。
 いやはや、久々に衝撃の面白い本を読みました。
ほかにも、病を根本から治す量子医学、長生きしたけりゃ素生力をつけなさい、があり、最新刊としては、五度の臨死体験が教えてくれたこの世の法則、などがあります。


5度の臨死体験でわかったあの世の秘密


病を根本から治す 量子医学 古くて新しい魔法の健康法 (veggy Books)


長生きしたけりゃ素生力をつけなさい (伝説のマスターヒーラーがすべてを語った!)


おもしろブラザーズ対談 ミラクル☆ヒーリング こんなに凄い! 宇宙の未知なる治す力


5度の臨死体験が教えてくれたこの世の法則


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。