So-net無料ブログ作成
検索選択

サルも出没~申年だから? [風物詩]

 今朝、出かける時に近所で「ニホンザル追い払い隊」というパトロール車とすれ違いました。
秦野市のHPで見ると、大山から下の近辺に群れで生息しているらしいのです。
我が家から徒歩3分で「熊出没注意」の看板があり、猫が今年になって捕獲してきた動物はトカゲ、
蛇、ネズミ・・、さらに昨日は平塚の町の中でもアナグマを見ました。
なんと今年は動物とご縁があるのでしょう。
 青森秋田では、熊が竹の子取りの人を襲っています。
動物たちが世界の天変地異や異変を感じ取っているのか、ヨベルの年だから動物も解放されたいのか
とにかく要注意の年のようです。
 イギリス離脱やトランプ候補の台頭、日本の参議院選挙に異変はあるのかどうか、
 (ただし、安倍晋三氏の親戚が株主のムサシという電子投票システムで自民党が勝つようになっているみたいですが)もし、イギリスのように手開票となれば、異変もあるかもしれません。
一説にはイギリスは電子開票にして残留を決めたかったらしいのですが、手開票なので不正操作が
できなかったとか。
 
 以下のHPで秦野市と伊勢原市の野生の猿の様子がわかります。
https://www.city.hadano.kanagawa.jp/hozen/tyojyu/nihonzaru.html 

 
トランプ大統領、と断定した本が出ました。

トランプ大統領とアメリカの真実


日本のこころ、矢作直樹氏の街頭演説 [政治]

シビックセンターでのお話はよく聞こえたのですが、騒音の多い街頭では矢作先生の演説は
ちょっと聞き取りにくく残念です。
静かにお話するタイプで絶叫型の政治家とは違うので、隣にいって大きな声で翻訳してあげたい気がします。
街頭では、一瞬でわかる「一行誇示」タイプが良いようです。
例えば、田中角栄さん(日本列島改造論)とか、オバマさん(yes , we can )
とかのように印象に残り、誰にでもわかる一言が外では良いような気がします。

でも矢作氏の場合、見た目が素敵ですから街頭に現れて語る様子だけでも人気を集めるかもしれません。

a0348309_7445442[1].png


メールマガジン登録 [日記]

このブログとほぼ同じ内容のメルマガを発行しております。
登録解除は簡単ですので、どうぞお気軽に。

 
メルマガ購読・解除 ID: 161572
不思議大好き、わくわく冒険日記
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

日本のこころ政見放送、保江邦夫氏 [政治]

 いよいよ、イギリスもEUから解放されることになり、またヨベルの年(奴隷解放)を象徴する出来事が増えました。今年の後半はどうなることか、楽しみです。
 さて私的には、またまた期末試験の季節となり、あわただしくなりました。
生徒が勉強で苦心するのは良いのですが、先生まで四苦八苦するとは、これいかに?
昔は先生はもっと楽して生徒に勉強させたものだと思います。
 たとえば、マラソンとか水泳コーチが選手よりも猛烈に練習しなくてはならないということは
なくて、フィギュアスケートのコーチだって一緒になって氷の上で何時間も滑ったりはしない。
滑ったのは過去の若い時期であり、今は選手にああせい、こうせいと指導するだけなのです。
ところが今の学校は手取り足取りしすぎじゃないかと思います。
年を取ったコーチが一緒にマラソンの指導だといって42キロも伴走したら、倒れてしまいます。
 おかしな時代になったものです。これというのも日本の上にいて日本を支配している外国の思うツボかもしれません。
教員を疲弊させて日本の教育を劣化させ、つまりは愚民化を進めるという占領政策ではないかと思うほどです。しかし、取りあえずは目の前の問題を片付けていかなくては、といったところです。

 さて、今朝起きて洗濯とゴミ出しをしながらテレビをつけると、なんと政見放送で最初に「日本のこころを大切にする党」でした。
まず、中山恭子党首のお話、そして公認の比例候補の政見放送でした。
 ご主人の中山成彬氏、西村真吾氏、ボギー・テドコン氏、保江邦夫氏、矢作直樹氏のお話です。
特に注目しながら聞いたのはもちろん保江先生です。
やはりというか案の定というか、虎の威を借る猫のように、渡辺和子学長のお話を中心としてご自分のことはあまり話されませんでした。保江氏はノートルダム女子大で30年も教授として勤務しておられます。学長は226事件で射殺された渡辺錠太郎氏のお嬢さんで5歳の目撃者、最近では「置かれた場所で咲きなさい」という240万部のベストセラー作者、というと、初めましての物理学者よりも有名ですから、おお、と一般国民は耳をそばだてて聞いてくれそうです。
注目度をあげるという意味で良かったかもしれません。
矢作先生は緊張してまじめそのもの、テレビよりも実物のほうがずっとイケメンだなあ、と思います。

 午前中の仕事はカットになっていたので昼過ぎに職場へ行くと、午後2時過ぎ、廊下に人だかりがして、樹木の多い中庭をみんなで見ていました。中庭にはアジサイや梅の木、もみじなどたくさんの木が茂っています。
その視線の先には、なんと可愛いアナグマがいたのです。
みんな集まって、がやがや言って写真を撮っているにも関わらず、逃げもしないで茂みの中に出たり入ったりして土をほじくって何かを食べていました。
近くの人によれば、ミミズをほじくってつるんと、うどんのように食べていたとか。
体長60センチくらい、目の周りが黒くて全身の毛はベージュ色に見えました。
私もあわてて携帯を持ちだして写真を撮りました。
少し小さいですが、後日アップしますので、お楽しみに。
それにしても、今年は携帯の中が動物だらけで、ネズミ、トカゲ、アナグマ、・・・
蛇を撮り損ねたのは残念ですが、それどころではなく必死でした・・・
ヨベルの年とは動物の年でしょうか?
我が家から歩いて3分でクマ出没の看板があるので、これ以上、熊と出会うことだけは避けたいと願っております。

yjimage[4].jpg

催眠療法と占いのご案内 [日記]

ホームページが使えなくなってしまったので、
(何故か文字化けしてしまうので)、内容を以下にコピーさせていただきます(^^)
全米催眠療法協会認定上級ヒプノセラピスト
NPO認定初級教育カウンセラー:鈴木麻里

*対面ヒプノセラピー(退行催眠療法)とは
ゆったりとした姿勢でリラックスしてから軽い催眠状態に・・・ 

* グラウンディングとインナーチャイルドセラピー
催眠セラピーの最初の部分で、
無限の地球のエネルギーと膨大な宇宙の叡智を吸収し
熱い活力と、膨大な宇宙の知恵をいただきます。
過去へと遡り、子どもの頃のトラウマをヒーリング
さらに前世へも退行してみましょう。
占い: 四柱推命、宿曜経、姓名学、方位学、コイン占いで総合判断します
メールご相談での占い(2千円)
占いのメール相談はいつでもどうぞ。
お問い合わせはメールでどうぞ。

 maygby@yahoo.co.jp

* 電話セッションのお申し込み方法
電話または対面のカウンセリングと占いは
40分単位で受け付けております。
(電話*2500円)(対面:3500円珈琲込)

*当方はソフトバンク携帯なので 
ソフトバンク同士の携帯は通話が無料になります。
また固定電話ではJ:comです。
前もってメールでご相談内容を戴いて、占いの結果などお話しながら開運方法を、
お伝えします。ご希望でしたら電話でも前世透視が可能です。
お問い合わせはメールで。maygby@yahoo.co.jp

*催眠療法によるトラウマ解消
幼い頃からわだかまっていて心の片隅にある黒い雲を消して
暗い思い込みや行動の悪い癖をやめましょう。
心の中の癌をきれいに消して元の明るい自分に戻ることができます。
運命をきれいに変えるのはあなた自身です。
 
*占い&カウンセリングの料金
1.催眠療法(トラウマ解消と前世退行)前後のカウンセリングを含めて約3時間、  
初回2万円、二回目からは1万円になります。
2。占いと開運相談.カフェまたは電話でのカウンセリング
 
ご予約のお問い合わせは メールでどうぞ
maygby@yahoo.co.jp



前世を知る旅


舛添氏よりも100倍も悪い石原氏 [政治]

今日のニュースでは、舛添氏が職員の見送りもなく、都庁を無言で去る映像を流していたが、比較して元知事石原氏の辞任の映像も流れた。
石原氏は職員らが並ぶ見送りの中、花束をもらい、笑顔で退陣していた。
が、しかし、ネットでは石原氏のほうがもっと悪いという記事が出ていたので、部分的に転載させていただきます。(転載始め)
「 ●舛添要一より石原慎太郎の方がワル度ははるかに上! 石原慎太郎は血税を横領した総額を1円たりとも返していません! 新銀行東京に注ぎ込んだあげくに露と消えた血税1400億円は、石原慎太郎が責任を取って都に自腹を切って返すべきです。
09年10月、石原慎太郎都知事一行は都民の血税を使い、コペンハーゲンへ豪遊旅行をした。
わずか数日間で1億2千万円を支出した。
石原慎太郎は画家もどきの4男坊を現代芸術振興事業「トーキョーワンダーサイト(TWS)」の外部役員に据え、ヨーロッパ旅行にも公費で連れて行くという公私混同ぶりだった。
石原慎太郎の四男は元オウムの幹部であり、オウムの地下鉄サリン事件の翌月に石原慎太郎は政治家を引退した。オウムと石原慎太郎の強い関係はマスコミによって隠蔽されている!
●尖閣諸島と石原慎太郎とヘリテージ財団
石原慎太郎氏がやりたいのは、いつものように極東特に中国と日本の仲を険悪にする事! そして、ユダ米が日本を統治しやすいように導き、極東戦争を引き起こす事! ヘリテージ財団といえば、ブッシュ政権の政策を支えたシンクタンク! これだけで、もう正体がユダ米戦争屋のかなり危険な一派とお分かりと思いますが、もっとハッキリ言えば、ヘリテージ財団は「ミサイル財団」の異名を持っています。つまり、インチキMD構想をブチ上げ、日本にインチキPAC3を売りつけた方々です。
同財団の背後には数々の米軍産複合体がスポンサーについている。」
・・・・以上、転載終わりです・・・・
石原氏のバックには何やらわからない、巨大な組織がついているようですね。
マスコミも怖いから、何も追及できないまま、現在に至るということかもしれません。
比べて、舛添氏には、何の裏の闇もなく、組織の味方もなく、ただの私利私欲でセコイだけの性悪だったようで自業自得といえば、それまでですが、都民の誰もがわかる「嘘をつきとおす」傲慢な姿勢が日本一嫌われた原因だったようです。
自民党も守り切れないほど、傲慢だった舛添氏・・・
不倫をしても友達だと「嘘をつきとおす」ことを裏で舌を出しつつ、言っていたベッキーが未だに嫌われ地上波テレビに出られないでいるのも、同じ穴のむじなかもしれません。



【Amazon.co.jp限定】Acer ノートパソコン ES1-131-A12N/K Windows 10/11.6インチ


Acer ノートパソコン Aspire E11 ES1-131-N14D/K /11.6インチ/Windows10無料アップデート対応


安くて軽いノートパソコン [インターネット]

 出かけた先でも便利に使える軽くて安いノートパソコンを見つけました。
赤いのは29800円、黒はなんと28800円です。
私は主に文書づくりなので、ワードさえあればいいのですが、これはキングソフトのワード、エクセル、パワポが入っていてマイクロソフトのと互換性があり、普通に使えそうなので良いかもと考えております。

 
【Amazon.co.jp限定】Acer ノートパソコン ES1-131-A12N/R Windows 10/11.6インチ


ヨベルの年にシオン(エルサレム)から救いが来る [宗教]

 エリヤの日、という歌があります。
その歌詞にはジュビリーの年にエルサレムから救いが来る、とあるのですが、
さてどういう形の救いなのか、救い主が出現するということか、それともイスラエルのほうから
世界が変わるきっかけが広がるのかわかりません。
 youtube でお聞きください。

 https://www.youtube.com/watch?v=m1Be0qJw9ZE




神さまの仕分けで落とされたダ舛添氏 [政治]

 ついに駄舛添氏がいやいやながらも辞任しました。
リオに行って旗を受け取って来たい、なんてずうずうしくも主張しましたが、彼が都知事として
リオに言ったら東京の恥を世界にさらすようなもの、
彼はいったい自分の何がいけないのか、わかってないようです。
ニューヨークタイムズですら、「せこい」という意味を紙面で紹介していたほど。
だますぞえ氏には大和魂、サムライ魂、日本人の誇りが遺伝的に不足しているようですね。
人間として公僕としての誠実さに欠け、人としてのプライドもないようです。
彼を育てた母が外国人であり、彼は母の母国を訪問した時に地元のイカの煮つけを食べておふくろの味だと感激したそうですから、大和魂とは遠い遺伝子のようです。
彼の母の母国であっても人としてプライドを持つ立派な人は多いはずですが、彼がその多くの人のイメージを壊しているのは残念です。
 彼は東京の保育園不足を知りつつも都の所有地を保育園ではなく、朝鮮学校に提供することを決定したという功績のある都知事でした。
また、オリンピックの資金東京都も出せと国から言われてノーといったのも国から嫌われた一因かもしれません。
 まさにヨベルの年といえます。
ヨベル(ジュビリー)とは奴隷解放の年、本物と偽物がし分けられ、偽物は神によってつぶされて本物だけが生き残るという年です。お祝いの年でもあります。
高い地位にいる者が適切ではない場合、その地位を返さなくてはなりません。
奴隷は借りた土地や物を返し、借金はチャラになり、自由になる年です。
なので、今年になったとたんに偽物はその地位を返すという形で偽物つぶしが天の業によって
早急に行われているようです。悪事も次々と露見しています。
ベッキー、ショーン川上、円楽、ファンキー加藤、・・・・
有名人が次々と仕分けられることで我々一般人にもわかりやすくなっていますので、私たちも本当の生き方をしないといけませんよ、と学習させられているのだと思います。
 

聖書


新約聖書入門―心の糧を求める人へ (光文社文庫)



新約聖書入門―心の糧を求める人へ (光文社文庫)

  • 作者: 三浦 綾子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1984/11
  • メディア: 文庫



CD付 英語でハッとする聖書の話


舛添氏と石原元都知事、甘利元大臣についての面白漫画 [政治]

 阿修羅の掲示板から面白い漫画を発見しました。
聖書の中で、売春婦?または姦淫を犯した女にみんなが石を投げていると、イエスキリストが来て、「あなたがたの中で罪を犯したことのないものが石を投げなさい。」といいました。
すると、誰一人石を投げつける者はいなくなった、という話を基にパロディ化しています。

 記者が舛添氏に石を投げていると、イエスキリストが登場して、「あなた方のうち、甘利氏を追求したものだけが石を投げてよい、」というと、石を投げる者がいなくなります。
 さらに議員が石を投げていると「石原都知事が都民の税金、1400億円をどぶに捨てたことを追求したものだけが石を投げなさい」というと皆逃げてしまうのです。
そこで、舛添氏が「いやいや、助かった」というと、「あなたも気をつけなさい」というのです。
聖書では確か、イエスは女に「もう二度と罪を犯さないように」と言っています。
 石原氏は新東京銀行だかを作り、中小企業を助ける為といって、審査を緩くして中小企業が倒産しそうだというと、すぐに5000万円を貸したのです。
すると、怪しい連中が続々と適当な会社を作って5000万円を借り、香港へ持ち逃げしたりして、やっぱりダメだった、会社は倒産したといって返さないケースが増えて、結局、1400億円も失ってしまったのです。が、石原氏は責任を取らずに逃げてしまったのでした。
そして相変わらず、偉そうにふんぞり返っているわけですが。

 舛添氏の顔が良く描けていて似ています。
確かに男の顔は50歳過ぎたら履歴書、というのは本当で、舛添氏の顔はいかにも欲深で、がめつそうで、外人コメンテーターが鉄面皮と言った通りですね。
でも石原氏や甘利氏に比べると、やったことがせこい小物といったところでしょうか。

 明日は暑くなります。熱中症にはお気をつけください。 

 
この一冊で「聖書」がわかる!: 旧約、新約のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教まで (知的生きかた文庫)