So-net無料ブログ作成
検索選択

小池氏当選~舛添氏の実績とは [政治]

やはり予想どおり、作戦勝ちというか小池氏が都知事当選となりました。
テレビは三人しか放映していませんでしたから、よぼよぼヨレヨレの人とかブラウン管テレビ
みたいな人よりはましだという消去法で当選したのかもしれません。
ただ、空亡=天中殺の時期の当選ですので任期が全うできるかどうか気になります。

あらためて、今回の選挙の原因となった舛添氏の功績?を振り返ってみましょう。
・・・・ネットからの情報を転載します・・・・・
舛添が一生懸命仕事をしていたというのはある意味で本当。たった2年半の間に、韓国学校設立許可、在日韓国人だけの老後施設(80億円)、韓国に4兆円の資金援助、ソウル市道路陥没に無料技術提供、東京五輪ユニフォーム(韓国服風)を韓国に発注一着25万円1600着で4億円、東京五輪建設に韓国企業参入、韓国平昌オリンピック資金援助、まだまだあるよ、きっと。・・・・
以上転載終わり・

舛添氏はお母さんが韓国人。
父を早く無くして五人兄弟姉妹をお母さん一人の手で育てられました。
東大へ行けたのは韓国系の奨学金を得たからなので、非常に韓国には感謝と親しみを持っているようです。
韓国を訪問すると朴くね大統領に、東京都民はみんな韓国が大好きです、と
断言し、韓国の南部で食べたイカの煮つけがまさにお袋の味だと感激したとか。
だから政治家としても、まずは韓国第一だったのでしょう。
知事としての韓国出張に一泊二日で5千万円、都民の税金を湯水のように使っていたようです。
次が公私混同の政治資金を使った家族旅行で千葉の温泉へ行き、公用車で湯河原の別荘に行っていたわけです。

今回、残念ながら落選した桜井誠氏は、日本全体が韓国と中国第一になっていることに
憤慨しています。
東京都の生活保護費が一万3千人の在日外国人に支給されている、これを廃止しようと
訴えています。
日本人が生活保護を求めてもなかなか認められず、餓死する人が年に何人もいるなかで
在日外国人は何故かすんなり認められるそうです。
大阪では在日外国人が何万人も生活保護をもらっていて一説にはパチンコをして遊んで
暮らしているという説もあります。
世界のどこにもそういう国はなく、もし、日本人が海外へ行って生活ができないから保護してと
いっても相手にされず、国に帰れと言われるだけなのです。

また韓国朝鮮中国からの国費留学生の特権も変だと主張しています。
彼らは日本の国公立の大学に学費不用で留学できる上に、月に17万ほどの生活費までもらえます。
しかも返す必要がないのです。国費というのは日本の税金のことです。
翻って日本人の大学の奨学金は返す義務があり、学費免除など特待生以外はないのです。
日本の税金を日本の学生のために使うことなしに、韓国朝鮮中国の学生の為に使っているという変な国なのですね。

また、日本中の駅前のどこにでもあるパチンコ屋は、年に600億円も朝鮮に送金していて、それが
テポドンやノドン、核開発に使われていて日本にテポドンとして落ちてきたら悲劇か喜劇かわかりません。多くのテポドンが落下している日本海も汚染されています。

日本という国が実は日本人ではなく、他の国のために動いているとしたら、日本人の誇りとはどこにあるのかということですね。

警視庁の発表では、チャイナマフィアが400人も池袋にはいるそうで、池袋に選挙事務所を設けて拠点とした小池氏が中国よりだと言われるのも一つの要因かもしれませんね。

弁舌さわやかな小池氏が公約どおり、朝鮮学校の見直し、女性のための政策を進めることを期待します。



大嫌韓日記


大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)


反日韓国人撃退マニュアル (晋遊舎ブラック新書014)


平成のドラえもん桜井誠 [政治]

今、神奈川テレビで準決勝の慶応対桐蔭を見ております。
前半、慶応が得点していて勝ちそうですが、桐蔭の実力もなかなかなので最後までわかりません。

 さて、都知事選いよいよ明日となりました。
今の流れでいくと、まず鳥越氏は自滅、増田氏は人気がない、結果、小池氏の作戦勝ちとなりそです。最初から上層部は小池氏押しなのに増田氏を出して茶番劇を演じているという説もあります。
しかし小池氏は原発推進、中国よりの人だそうですが。
マスコミが三人の候補ばかり報道して、あとの18人は無視ですが、ネットでの任期は
在日特権を許さない会の桜井誠氏です。
44歳、丸顔でぽっちゃり系の桜井氏、yuutube で聞いてみると、演説がうまい。
話が要点をついていて簡潔でわかりやすい。
駅前の人々も立ち止まり、結果数千人の聴衆を集めています。
水色のタスキをかけるとドラえもんみたいですが、演説がうまいのは古来からの政治家の要因です。
ネット検索して桜井氏を調べてみると、原発維持というのが気になりますが・・・
その他の点では鋭いです。
ぜひ、youtube で桜井誠と検索して、昨日までの連日の演説をお聞きになってみてください。
あるいは、以下の井口和基氏のブログでも聞くことができます。

 http://quasimoto2.exblog.jp/
大嫌韓時代 (SEIRINDO BOOKS)


大嫌韓日記


相模原施設での殺傷事件 [事件事故]

毎日新聞に以下のような記事が出ていました:
相模原市の障害者施設殺傷事件で、植松聖容疑者(26)が緊急措置入院中、病院のスタッフに「ヒトラーの思想が2週間前に降りてきた」と話していたことが、相模原市への取材で分かった。ナチス・ドイツは障害者を「価値なき生命」と決めつけ、「国家的安楽死」と称して大量に殺害したことで知られる。

 市は2月19日、植松容疑者の措置入院の是非を判断するために神奈川県警津久井署で面談。植松容疑者は「世界に8億人の障害者がいて、その人たちに金が使われている。それをほかに充てるべきだ」などと話した。時折、いら立つような様子もみせながら淡々と述べたという。市によると、ナチス・ドイツを肯定する言葉は20日にあり、これが措置入院の決め手の一つとなった。」以上転載終わり
30年以上も前にドイツ旅行をしたときに、ミュンヘン郊外のダッハウという町にあるユダヤ人強制収容所の跡地を見学したことがあります。
 ダッハウは日本人には有名ではないのですが、アウシュビッツと同規模の大きな収容所で
広々とした敷地は有刺鉄線に囲まれていて三段ベッドの木造の収 容所が2,3棟、コンクリートのガス室、レンガ造りの焼却所などが保存されていて、記念館には写真や資料統計などが展示されていました。
クリスマスの時期だったのですが、ドイツの若い人々が粛々と見学していました。
当時通っていた教会の牧師が二年間ドイツに留学していたこともあり、ドイツに詳しく、ダッハウの話も聞いていたので、ミュンヘンに行ったとき、めったにない機会だからとバスも電車もないのでタクシーで行ってきました。
ガス室はさすがに怖くて外からのぞき、まさか中に入る勇気はありませんでした。
 クリスチャンの旅行でエルサレムに行った時も、ユダヤ人虐殺記念館に行きたかったのですが、
頭皮で作られたランプシェードなどが展示されているということで、あまりにも衝撃的だからと
前は寄っていたそうなのに、旅 程から外されていていけませんでした。
ミュンヘンに行ったあとザルツブルグに行き、あとで考えると不思議な現象があり、その後のモルジブの事件にまで続いたのかもしれません。
 戦後、ドイツは世界に謝罪して、以後、贖罪の歴史を作っているわけですが、人道的なクリスチャンの立場から政治も行っているような気がします。例えば、福島原発爆発のあと、原発をすべて止めたこと、シリアなどからの難民を百万人も受け入れたことなど(しかし、ドイツの若者からの反発もありますが)
ドイツ文学者でクリスチャンの小塩節(たかし)氏 の本はドイツの四季の美しさなど素晴らしい本ばかりでした。かつてよく読んだ小塩さんの本の中だと思いますが、以下のようなことが書いてありました。20年以上前に読んだので正確には覚えてませんが・・
ある日、小塩さんがドイツの病院を訪れると、玄関を入ってすぐのところにガラスケースの保育器のようなものが置いてあり、中に肉の塊のようなものがあった。
病院の人に聞けば、それは人だというので驚いたが、いったい何の為に、と聞くと、人の命の尊さを知らせるためにだというのです。
小塩さんは、その人を見て、人の命の大切さを知り、なんの役にも立ってないように見える人もケースの中で連日の来館者に見てもらうことで重要な使命を果たしてい ると思ったそうです。
その逸話を読んで、どんな人にも何かしらの役目、仕事をもって生まれてきているし、世間に出て仕事をしないからといっても無駄ではなく、話もできない障碍者でも家族にとっての生きがいになっているし、一つ一つ大事な命なのだと再認識しました。
犯人は、そういうことすら知らない知るチャンスがなかった、残念な人です。
成育歴を知ると、彼の大学時代に不良仲間と一緒になり、おそらく大麻などを使用し、刺青をした時期がターニングポイントかもしれないと思いました。

これだけの犯罪ですと、まさに市中引き回しのうえ、犠牲者の数だけの回数の残酷な拷問にでもかけないと犠牲者の家族は納得できな い、それでも不足かもしれないと思います・・・
事件の前にサインが多く出ていたのに、防げなかった周囲の医療関係者や警察などにも緊急に改善の必要があるようです。
ニール・ドナルド・ウォルシュによれば、地獄はない、すべての人は天国に行く、ヒトラーですらもみんなと同じ天国に行く、ということなのです。
果たしてみなさん、天国に行ったときに、ヒットラーとか彼のような人と会いたいかどうか・・・・
それとも彼の善人の部分だけが天国に行くのか、行ってみないとわかりませんね。




旅人の夜の歌――ゲーテとワイマル


ドイツの森


ドイツの都市と生活文化 (講談社学術文庫)


樅と欅の木の下で


鬼門を掃うと運が良くなる [日記]

160808_095046.jpg
先日、遠方の方の仕事運について電話占いをしたときに易では鬼門をきれいにするようにと示されたのでお伝えしました。
ところが夏休みになり、家の周囲を見回すと東北の鬼門がきれいじゃなかったのは我が家もだったのです。
ちょうど北東の角に電柱がありますが、それにつる草が下から伸びてからまって葉が茂り、ぐるぐる巻きでした。小さな棘がコンクリートの電柱に食い込んで伸びていました。

先月、業者が周囲の生垣を剪定してくれていたのですが、まだ半端なので大きなハサミで刈り込んでいた時に指にちくっと棘が刺さったのです。
見れば、その棘のつる草が電柱にからまって上の電線にまで絡まり、葉を茂らせているのを発見したのです。その木の名前はわかりませんが、つるの先には小さな棘、太くなった幹に1センチもの大きな棘が生えています。
それは電柱だけではなく東側の木にもツタはからまっていて幹の下のほうは半分ウロになっていて放置していたら、枯れそうです。
電柱の上に上ることはできませんので下のほうの蔓を切って掃い、東の木に絡まった蔓も切りました。蔓が数本、幹に絡まり、締め付けていて枝の先にはつる草の葉が本体の葉を押しのけて繁茂していました。
昨日切ったので今日見ると、つる草の葉が既にしおれて枯れ始めていました。

鬼門をきれいにすると、とてもスッキリして気持ちよく、お寺と神社の修行の半分以上が掃除というのもむべなるかなです。

いつも掃除嫌いの私ですが、この夏は整理整頓と掃除を頑張ろうと思います。

追記:そういえば、生垣の剪定と鬼門のツタを祓ったのが昨日とおとといでしたが、今日、市役所から通知が来て、家族が入院した費用を高額医療費だから一部返還するそうなのです。
予想外のこと! おそうじしたら、さっそく金運が良くなったようです(^^)


禅と掃除  清々しく暮らす


ドイツ流 掃除の賢人―世界一きれい好きな国に学ぶ (知恵の森文庫)


“世界一


日本中が震撼とした大量殺人 [事件]

昨日は久々に高校野球の応援に行きました。
意外に風があり、涼しい外野席でした。
しかし、私立強豪高校との力の差は歴然としていて、昨日で厚木、湘南、江南、と偏差値60以上の公立頭脳派は撤退しました。
残る8強は、桐蔭、桐光、慶応、横浜、東海大相模、などのプロ級有名校ばかりで、公立は一校も残りません。

 そして昨晩は午前1時頃に寝たのですが、なぜか4時頃に目が覚めてテレビをつけると
そこから相模原つくい施設の事件を時系列で見ることになり、恐ろしいことでした。

施設の仕事のブラック、失業、教員試験に落ちたこと、父親が小学校教師で忙しかった?、
大麻、妄想、病気など様々な要因がわかってくるに従い、どうしたら防げたのかと考えさせられました。

 4年間も勤務していたのに障碍者に対して愛情ではなく殺意が育ってしまったのはなぜか、
欧米に比較して病院や施設の人員不足があるのではないか、
夜だからといって20人を一人で見るのは多すぎやしないか
 失業してから両親が彼一人を置いて引っ越してしまったことは保護責任放棄ではないか、
 本人が二月に殺害予告をしていて警察が入院措置をしたのに2週間で退院とは
早すぎではないか、・・・・
 一人テロともいえますが、今の世界のテロにはもっと巨大で深い闇と欲望があり、からまった蔓を掃い、
解決するのは相当困難な状況、平和な世界を実現するのはどうしたら、と考えてしまいました。

楽しいはずの夏休みの始めにこんなことになり、今日は東海大駅前に買い物に行きましたが、
歩いている多くの人々、みんな沈痛な表情で、いつもはゲラゲラ笑っている学生らも気のせいか、
さすがに暗い表情に見えました。

 日本人は共感力が強く、年末年始など総国民が紅白歌合戦を見て除夜の鐘を聞いて新年を迎え、
祝います。
まるで心が一つのように・・・だから、総国民が一斉にお通夜のようになるのもむべなるかなです

 というわけで、今日は寝不足を昼寝して補いましたので垣根の剪定はできなくて、
明日に延期となりました。明日は野球の準準決勝を見ながら、時々お茶を飲みながら
つたがからまって枯れそうになっている樹木の蔓をとりはらう予定です。
幹の下のほうは半分が空洞になっているではありませんか。急いで助けなくては。
日曜日には蔓がからまっていた電柱のほうは下の蔓をはらってなんとかきれいにできました。
蔓のせいで停電じゃ困りますので。
  ここ数日、涼しくてエアコンも扇風機もいらないくらいなので助かります。




ポケモンゴウと都知事選とアメリカ大統領 [国際情勢]

  ポケモンGOとか、いやはや何が面白いのかわからないです。
外に出ても草花を見ないで携帯の中のピカチュウを見て歩くなんて、世も末でしょう。
人民が一斉に支配者側からの電波で支配されるようになるという過去の近未来SFが実現したかのようですが、巨大利権側の巧妙な戦略に操作されているようです。
テレビも政府も儲かるから協力しているみたいな所が見えます。
 アメリカはテレビのキャスターが、日本では官房長官がニコニコと歓迎ムード!
あれで個人の位置がわかり、スマホの中の個人情報が把握されてしまいそうな、いや前からスマホを持った時点でプライバシーなど人民にはなくなり、支配者側の言いなりなのかもしれません。

さて、都知事選挙、混迷していますね。
四柱推命の流れでは、小池さん有利と出ました。
その後、鳥越氏と「病み上がり」で口論、鳥越氏には文春のおかしな記事が出て鳥越氏は名誉棄損で訴えるとか。これで文春とは政府自民党の広報かとわかります。
そんな中で増田氏は自民党に守られているのか割合平静な状況。
鳥越氏と小池氏は争って互いにつぶしあっているみたいな。
そして増田氏の漁夫の利ということで自民党の勝ちとなるのかもしれません。
おそらく都民の投票は実際には小池氏または鳥越氏が一位でしょうが、電子システムで操作されて、3位の増田氏当選となるような気がします。

 前回から都知事選挙は電子投票システムを利用されて実際は弁護士の宇都宮さんがトップだったのに都民の人気がなくて街頭演説で人が集まらなかった舛添氏が不思議に当選したと言われています。
そんなことだから天網恢恢で舛添氏は自滅し失脚したわけです。
 三人の候補者を消去法で消して行くとゼロになります。
最も東京都を良くしそうな宇都宮氏は辞退してしまいました。
もうどうなろうと知らないよと悠々自適の老後生活に入られるのでしょう。

鳥越氏は高齢で病み上がりだから体力もなさそう。
今まで、ある程度気分に流されていて反体制的発言をしてきたのですが、じゃあ具体的にはどうするのという疑問に対して政策や理念がなさそう。
何よりもリオに行って旗を受け取る元気があるかどうか。
小池氏は舛添氏が韓国学校に提供すると決めた新宿の都有地を取り戻す、というのは良いけれど、原発推進派です。
 増田氏は今まで東電の役員だったというし、岩手県知事の時に莫大な借金を二倍にして辞めたとのこと。総務大臣からの天下り都知事となると国のいいなりですね。
総務大臣の時に東京集中をやめて地方を活性化しようといって、東京から一兆円も地方に流すことを決めた人だそうです。都知事になったらどうするのか今度は東京にお金を集めようというのか、
彼の無表情からは本当に知事になりたいのかどうか、自民党にすすめられて仕方なく立候補したのか不明です。
しかし結果として増田氏当選となりそうな気がします。
今回の参議院選挙と同じ結果です。

ワイドショーでは、都知事選挙とアメリカの大統領選挙を同じくらいの比重で放送しています。
が、日本人はアメリカの投票権がないのですが、面白がって特にトランプのことばかり応援しているかのような報道はいったい何のためかと思いますね。
日本人がトランプのファンになれば、アメリカの人気も上がるとでもテレビマンたちは考えているのか単なる野次馬なのか、わかりません。
トランプ氏の長女の婿さんがニューヨークのユダヤ人社会では有力者の息子だということなので、
なにか強いユダヤ社会のバックアップがあってヒラリーを負かすように仕組んでいるのかもしれません。
 


三連休と都知事を占う [政治]

 3連休と言っても猛暑なのでエアコンに頼って避難状態という人が多かったのではないかと思いますが、いやいや海へ行ったり山へ行ったりと行動的な人もいたかもしれません。
私は土曜日は家の中で午後3時まで仕事。
あと少しで仕上がる所に猫が私の部屋にトカゲを持ち込み、まさかのパニック。
とにかく書類だけはと持ち上げて保管してから、トカゲ退治、といっても最近は慣れたもので
雑巾の下に隠れたところで上から踏んづけて雑巾を丸め、そのまま外へ。
ところがトカゲは死んだふりで生きていたらしく雑巾からスルスルと抜けて草むらへ。
さすがの爬虫類です。
最近は一か月ほど外から動物を捕まえてこなくなったと思っていたら、あにはからんや、連続して日曜もトカゲを連れ込んできた。前日のよりは小さくて、スプレーで洗面所に追い込んで隅で固まっているのをガムテープで捕獲。そのまま燃えるゴミに入れました。
 猫が家から脱走してトカゲを持ち込むなら、最後まで始末すればいいのに、人間があわてだすと悠々と寝転び、あとは任せたよ、と宝物を人間にくれてやったつもりで得意げです。
もうボルネオとかアマゾンのジャングルにでも暮らせそうです。

 さて、土曜日はトカゲを外へ出してから仕事の仕上げをして車で職場へ。
というわけで連休は日曜と月曜だけ。日曜はヨークマートとコジマ電気へ行って買い物して終わり。
月曜はかねてから保江先生の講演会に予約して午後から相模大野まで出かける予定でしたが、猛暑でひるみ、方角も良くないので今日はパスしました。
どうして予約の時に方角を見なかったのか不思議ですが、何度見直しても方角が悪いのです。
もう会費を振りこんでいたのでもったいないのですが、行けばまた交通費が2千円以上かかりますし、熱中症で倒れてもいけません。というわけで、
代わりに気になる仕事の仕上げに車で職場へ行くつもりでしたが、午後になるとまたしても猛暑が激しくなってパス。
明日できる仕事は今日やるな、は保江先生の名言です。

というわけで今日は買い物だけして昼寝をだらだらしてテレビを見て過ごしました。
伊勢原の買い物でお勧めは、古めかしい農協の「わくわく広場」です。
(ちなみに寒川はワイワイ広場)
レジの受け皿も木製の板というレトロな建物ですが、肉と魚が豊富で安いのです。
地元の山菜などが豊富で、しかも同じフロアに百均があるので便利です。
魚は地元の小田原漁港で水揚げされた相模湾の魚や静岡の魚が多く、干物や味醂干しもあり、
刺身も安くて新鮮、近くの方にはお勧めの市場です。
今日は小田原産のえぼだいの干物と中国産のウナギ、アジや凧揚げという練り物、野菜は空心菜、
つるむらさきなどを買ってきました。

さて、都知事ですが、簡単に言うと小池百合子さんが当選しそう。
自民党の芸者といわれるのもなるほどの白塗りで日焼けもせずに頑張っていますが、小泉元総理と大変仲良しだと言われていて、小泉氏と森元総理が立候補をすすめたようです。
四柱推命で見ると彼女は去年から帝王運の流れに入っています。がしかし、空亡の帝王運なのです。だからうまく当選できても任期を全うできるかどうか、何らかの事情で途中下車ということになるかもしれません。都民のためといってますが、彼女は実は原発推進派です。
 では増田氏はというと、岩手知事の時に巨額の借金をこさえて逃げた知事だそう。後の知事が借金で苦労しているとか。さらにファーストクラスの出張ばかりしていたそうなので舛添氏と変わらないかもしれません。本人もあまり都知事にはなりたくないのかも、です。
東京崩壊」とかいう本を書いているらしく、でも崩壊の時期の知事ならぴったりかも。
しかし占っても帝王になる星は見当たりません。
 鳥越さんは、10年前だったらよかったかもしれないですね。
病気持ちだし、若さと体力がなく、都政についての理念と政策に乏しい。
一応反体制だから原発反対と言ってますが評論家で終わっていればよかったかも。
言葉も弱いし、4年間、任期を全うできる力があるかどうか、また選挙となったらまた都税が
50億かかるわけです。


希望の星が二つ現れました [政治]

植草氏と伊藤真氏の新作対談本が出ました。
植草氏ほど頭脳明晰で弁舌さわやかな人は日本ではほかにあと三人くらいしかいないでしょう。
真実を述べて小泉改革の危険性を訴えていたので冤罪に陥れられてしまいました。
が、その後の日本の惨状は植草氏の予言どおり。
大店法改正で駅前の商店街はシャッター通りとなり、雇用法だか派遣法の改正で30代40代の男性がアルバイトばかりで結婚などできなくなり、少子化は進むばかり。
日本人の奴隷化が進行しています。
日本は小泉改革以来、破滅の方向へ急進しているようです。
日本を破壊のほうへ導くリーダーばかり誕生しているのはどういうわけなのでしょうか。
だから、
今の日本は行きつくところまで行ってガラガラポンとなるしかないのかもしれませんが、
いざ再生の時には是非植草氏にリーダーとなっていただきたい。
つまり、破滅再生後の聖徳太子になるのは植草氏です。
 かたや、伊藤氏には受験方法の神さま、「夢をかなえる勉強法」は受験生にとってのバイブルに近く、
司法試験の受験生にとっても受験の神さまです。
ノウハウだけではなく、伊藤氏も真実に近づく方法を様々に悟り、著書などで教えてくれています。
伊藤氏の自伝的本の中で中学生の時のエジプトピラミッドでの恐怖神秘体験は大変興味深いものでした。
あの時、エジプト三千年の英知が伊藤氏の中に取り込まれたのかもしれません。
 そのお二人が語る真実の対話。面白くないはずがないです。


泥沼ニッポンの再生


石田さん断念 [政治]

 石田さん、四柱推命でいうと良い流れなので当選しそう、と占いましたが、本日やめます、という
決断。
三日間のことなのに、CMやテレビ番組が放送できなくなって数千万円の賠償金ということで家を売ることすら考えたようです。
そこまでして都知事になっても年収3千万円ですから、タレントとしての収入数億円から下がってしまうことは確実。しかも私生活の自由もなくなるのですから、名誉ある撤退ですね。
 選挙に出るからには、その前、三か月以上はマスコミに登場することはできない、ということすら知らないのでは、政治家についての勉強不足、準備不足は否めません。たとえ当選しても公私混同も怪しいものです。
 ニュースキャスターの杉尾さんや真山さんも、そういえば最近テレビで見なかったというのは、ちゃんと知って準備していたからですね。

 石田さんは、あくまでも軽い味のタレントとしてご活躍をしたほうが良さそう。
市民運動としてのデモ参加は自由にされると良いと思いますが。
安保法案反対のデモに参加して、戦争は文化ではない、とアピールしたのがわずかに政治的な活動といえますが、以来、テレビ出演依頼が減ったようです。
そんな風に日本は言論統制がいろいろきています。
テレビ依頼が減って暇だから、いっそのこと政治家にでもなってやろうかと思ったのかもしれませんが、政治の世界は伏魔殿というように大変ですから、細々とでも自由なタレントでいたほうが良さそうです。
 それでも政治家にと言う場合は、収入を度外視しても、市民や都民の為にという気持ちで、まずは
都議とか区議あたりから始めると良いのかもしれません。
そしてもっと政治について勉強したほうが良さそう。
東京の電力はどうするのか、原発に頼り続けるのか、都有地を韓国学校に提供するのか、保育園を作るために提供するのか、オリンピックの経費はどうなのか、問題は山ほどあるのに、真剣に考えたことがあるのかどうか、記者会見ではあやふやでした。
 もっと勉強すれば運勢の流れは冠帯なので、何か別の形でのチャンスがあるかもしれません。
 今回、石田氏が出馬すると当選の可能性があって困る筋から、彼が出ないように、CMや番組のほうから巨額の賠償金を請求させようという裏の黒幕が動いたのかもしれませんね。

 前回の都知事選では、共産党の宇都宮氏がなればいいのに、と思っておりましたが、なんと嫌な奴、舛添氏が当選し、がっかり、本当に都民が舛添氏を選んだのか?電子投票で操作され、本当は二位の宇都宮市が一位だったのでは?と疑っておりました。
今回も都民が本当に良いと思った人が本当に当選するかどうか気になります。
 リセットされたので、また占ってみなくては(笑)
160429_150958.jpg


都知事は石田純一か? [政治]

 さて、参議院選挙の予想、占いが当たってしまったようです。
日本のこころ、矢作氏も保江氏も落選となってしまいました。
 保江氏の目的は既に達せられた、国会議事堂をギザのピラミッドの王の間とつなぐという役割は
既に記者会見の時に実行してしまわれたので、あえて議員になる必要はないという神様の教えかと
思います。ギザのピラミッドとの次元転移だったら、国会見学でも傍聴でも可能ですから(笑)
保江氏には武道と物理という大きな使命がありますので、そちらのほうを重視せよということではないでしょうか。
また、矢作氏にもこれから国会に詰めるよりも、もっと外に出て広く行動することがあるから、という教えではないかと思いました。

さて、都知事は、と占ってみました。
話題の石田氏ですが、コインの易よりもまず彼の運勢、運の流れを四柱推命で見てみました。
1954年1月14日生まれ、
今、石田氏には冠帯という補助運がついています。
冠帯というのは、ある地位、役職について帯を締めるという意味がありますので、おやおや、これは
意外に当選するかもしれないと思います。
そして、来年再来年は、帝王運という最強の運が来ていますので、東京のトップというにふさわしい運です。
が、その次の二年がいけません。空亡運、天中殺が来ていますので、不倫やらなにやらの不適切なスキャンダルが起きなければよいが、と気になります。あるいは彼はまじめにやっていても、何かしら東京都に災害が起きて困ったことになるのかもしれません。
運よく当選しましたら、ぜひとも慎重に頑張っていただきたいものです。160429_150936.jpg

追伸:立候補するときには本名の石田太郎、という名前を使った方が良さそうです(^^)
彼のまじめな面が認められるし、父、祖父の支援、守護が得られそうですので。

日本人が知らない集団的自衛権 (文春新書)


安保法制の落とし穴


赤ペンチェック 自民党憲法改正草案