So-net無料ブログ作成

平塚の花菜ガーデンは魚が新鮮で激安 [食べ物]

時々、仕事が早く終わった時など、五時までの農協市場に寄ることができます。
平塚郊外の花菜ガーデンにある市場は、野菜、肉、米、卵が地元の産直で安いのです。
奥にある魚は漁港で朝にとれたばかりの新鮮で安い。
例えば、先月は大きなサバが10匹で100円、5時が閉店なのですが、3時4時になると
割引で半額になったりします。
そのため、3時半ごろ店に行った時には、なんと10匹で50円でした。
帰宅してから、10匹をさばくのは一仕事でしたが、目もピカピカ生き生きで美味しい味噌煮をいただきました。
ただ、店の奥のほうに魚売り場はあって、野菜目当てで来る人は通り過ぎてしまうことが多く、激安なのに売れ残ることが多いようで、最近徐々に魚の出品が少なくなってきました。
それでも先週は、小ぶりのアジを15匹、300円の半額150円でゲット。
三枚おろしにして、から揚げし、酢醤油のたれにつけて美味しくいただけました。
15匹を三枚おろしにするのは時間がかかり、一仕事でしたが、新鮮で安くて美味しいので頑張れます。
魚の出品が消えてしまうのは残念なので皆様、お近くのかたは、ぜひ花菜ガーデンの市場へどうぞ。



161024_165119.jpg161024_164632.jpg

2016年秋 関東封鎖の予知夢は? [予言]

保江邦夫氏の本に、彼がハワイの寿司屋で出会った女性、元カメラマンの奥様に予知夢の話が出てくる。カメラマンは初めてハワイでの結婚式をプロデュースして盛業だったらしい。
ご主人もかねてからUFOや宇宙人との遭遇を体験していて、それが嫌だからハワイへ移住したのに、ハワイでも浜辺でUFOを見たという。
奥様は発生の数か月前に東北大震災の津波の予知夢を見たという人。
寿司屋のカウンターでビールを飲みながら保江氏が岡山から来たと話すとご夫婦は顔を見合わせた。
昨晩ちょうど奥様が見た夢に岡山が出てきたというのだ。

その夢は、三年後の秋、夫人がハワイから成田へ向かっている時に、突然の機内放送があり、
関東は封鎖になったので行き先を関西空港に変更するというアナウンス。
南東北と関東は異常事態になって封鎖、首都を岡山に移転することになった。

その予知夢はかなり有名で、関東の家を売って関西に移住する人や、関東からいつでも移住できるように持ち家から賃貸に変わった人もいる。

さて、三年後の秋は今、
すると、10月21日、鳥取の地震が起きて、鳥取の空港と岡山空港は一時封鎖になった。
そして鳥取行きの飛行機は関西空港へと行き先変更になった。
あれれ?岡山が封鎖って逆ではないかしら。
 三年前のハワイの夫人の夢は逆夢として実現してしまったのかもしれない。
保江氏のピラミッドパワー、ルルドの泉や聖母マリア様パワーも、選挙の落選以来、かなり
消失してしまったのかもしれない。

 代わりにといっては何ですが、昨年から半年くらい病気のために休養されていた木内鶴彦さんが
最近復活されたようです。
昨晩、youtube で今年7月に交野で開催された講演会を見ることができました。
535年に交野の星田妙見宮に隕石が落ちたこと、そこにいた日本の支配者一族が滅びて、代わりに朝鮮の豪族が移住してきて日本を支配する一族となったこと。
星の配列が京都の32キロの範囲に神社として配置されていて、おおいぬ座、シリウスの位置がまさに上賀茂神社であり、そこに白狼であるオオカミを祭った小さな祠があること。
以前にフォーラムソラで伺ったお話を再度リアルに聞くことができました。
不老不死の神、寿老人として尊崇されてる星、カノープスの位置は貴船神社にあります。
2,3月に南の水平線近くに見える赤い星、カノープスを見ると、幸運が訪れるとか。
数年前に二回、水平線が見える湘南平へ夜に行ったのですが、まだ見えてません。
ずっと望遠鏡を構えている人もいましたが、私など寒くてすぐに帰ってしまうのでは努力不足ですね。
キトラ古墳の天系図も、その星の配置になっていることなど、いろいろ面白くて夜の二時までわくわくして講演を聞いてしまいました。
ピラミッドの配置もオリオン座の三ツ星の配列だそうです。
とりあえず、冬の大三角形、オリオン座のペテルギウス、こぃぬざのプロキオン、そしておおいぬ座のシリウスは晴れた夜なら大抵見られますので、見てみたいと思います。

木内さんの講演のURLは以下の通りです。

  https://youtu.be/KQpPJKfa0lA




トランプおじさんは田舎の町内会長 [健康]

昔は町内に一人はいたような懐かしい田舎のおじさん、下品でいやらしく、酔っぱらって女と見ればすぐにお尻を触る、男尊女卑で女は飾り物だと豪語する。
まさにイメージどおりのスキャンダルが噴出しているのがトランプ。
しかし、意外に商売は上手で女性にもてるし、町内での人気もあるというタイプ。
昨晩、フジのワイドショーで木村さんというコメンテイターが、いやらしいおっさんか、利権まみれの金儲けおばさんか、二者択一だと言ってましたが、まさにその通り。
ヒラリーだとしたら、建前は良いけれどアメリカは今までと変わりなく、戦争でもうけて他国から搾取して、一部の金持ちだけが繁栄する弱肉強食の世界を継続する。
しかし、トランプだと嫌らしさはあるけれど、意外にアメリカの底辺層にも金を回してくれるんではないか、景気を上げるのではないかという期待があり、支持層が減らないそうです。
金持ち層も密かにトランプ支持をしているとか。
11月の選挙は95%ヒラリーの勝利だと新聞が予想しているそうですが、いったいどうなることやら。日本が小池さんだから、アメリカも女性かもしれませんね。
前にアメリカがブッシュなら、日本は森、と山蔭先生が予言して当たりましたから。



トランプ大統領とアメリカの真実


トランプと「アメリカ1%寡頭権力」との戦い 日本独立はそのゆくえにかかっている!


未来からの警告!  2017年 超恐慌時代の幕が開く


秋になり、寒くなりました [家電]

先々週まで、気温30度でエアコンをつけていたのですが、突然秋になり、寒くなりました。
こたつをやめることにして、何かないかと探していたら、ほっと座布団、電気マットというのを
発見。ほかにもアメリカではホカロン代わりに使われているスポットウォーマーというのもよさそうです。
どちらも早速注文しようと思います。
 
広電(KODEN) カバー一体型 電気マット (40×40cm) 省エネタイプ VWM-401PC


アイリスオーヤマ ホットカーペット ホットマット 45×45cm ブラウン HC-45S-T


ハーバードと東大に合格した勉強法 [教育]

 10月6日は平塚のララポートが開店の日でした。
市役所の東側、日産車体が撤退した跡地に大きなショッピングセンターができたわけですが、そこから5キロも離れた北豊田の道路にまで「ララポート満車」という看板を持った人が立っている有様。
混雑ほど嫌いなものはないので、初日に殺到する人の心理がわかりません。
道路にも入場を待つ車が渋滞していたようでした。
午後から時間があったので買い物に行こうとララポートへの道路とは離れた道を通って海岸のオリンピックに行ってきました。駐車場にはもちろんスムーズに入れて、中を見ればユニクロは閉店していて、スタバも二か月も前から閉店して後の店はドトールになっていました。もともとユニクロには行かない、買うなら島村派、スタバの珈琲は濃すぎるのでもともとドトール派ですから、むしろすいていたオリンピックは歓迎です。すいすいと買い物をしてきました。
半年か一年たって、ララポートがすいてきたら行ってみようかとも思いますが今のところ行く気はなしです。
 さて、日ごろ、受験校で宿題の多さに苦しむ高校生を見ているので、どうしたものかと思っていました。すると東洋経済オンラインで面白い記事を見つけ、画期的な勉強法を知りました。
今の受験校は親切が過ぎて膨大な宿題を課しています。
そのため、生徒は時間がないと嘆いています。たとえば、部活から帰宅して夜の九時、食事と風呂で
10時、寝るまでせいぜい2時間しかないのに英語も数学も社会も課題プリントを出すのでまともに
こなすと4時間はかかる、睡眠時間を減らすしかないというのです。
 英語にしても、長文読解の問題を週末に課して、解答も配り、自分で丸付けをして月曜に提出というのがほかの受験校でも慣例となっています。
 ところがハーバードと滑り止めの東大に合格したという大分県立高校卒のすみれさん、そのお母さんの進める勉強法が画期的でした。
課題に先に解答を書き込んでしまうのです。そしてそれを覚えてから提出するのです。
たいていの生徒は真面目ですから、一問ずつ解いていって、一番できない、二番わからない、三番知らない、となり、ストレスはたまり、苦手意識が高まるだけです。
ところが解答を先に書き込む方式ですと、そのストレスがたまりませんし、何よりも時短になるわけです。ちゃんと勉強して提出するのですから、カンニングではないし、インチキではないし、方法が逆だというだけで能率的なら、そのほうがいいのではと思いました。_____

県立高校から現役でハーバード大学合格、滑り止めの東大にも合格、
小中高と学費50万円、塾には通ったことがない家庭学習の方法とは?
 「東洋経済オンライン」から母、ひろつる真理さんのコメントを転載しました・・・
「2012年、一人娘のすみれが地元大分の県立大分上野丘高校から米ハーバード大に現役合格しました。当時、ハーバードを受験することは、ほとんど公言していませんでしたから、学校の先生も同級生も、かなり驚いたそうです。
おかげさまで娘は今年5月、ハーバードを無事卒業、9月からはニューヨークのジュリアード音楽院の修士課程に進んでいます。

地方の学校から海外のトップ大学に合格するのは、生まれつき優秀な学力を備えた、「特別な資質を持つ子の事例」のように思われるかもしれません。しかし、親が学校や塾に勉強を丸投げしないように意識を改めることから始めれば、スポーツや芸術分野では当たり前の「海外進学」が、一般の大学選びにおいてもこれからの時代の進路選択のひとつになると私は思っています。

特に、ハーバードのように奨学金が充実していて、入試が学部ごとに分かれておらず受験生全員が同じ試験というのは、まず学部を決めてから入試に取り組む日本の高校生に比べると、進路決定に数年の余裕がもてる点でありがたいことだと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
もちろん、最初から確固たる教育理論など持ち合わせていたわけではありません。娘を妊娠したときから、私は家庭学習の準備を始めました。学術書を含めて、育児本を200冊ほど読むことからスタートしたのです。

時間を自由に使える幼少期は、家庭学習の機会にあふれています。特に力を入れたのは、私自身が好きだった英語と音楽です。娘が0歳のときから英語と日本語の絵本を「読み聞かせ」して、2歳からは娘1人でも読める市販の教材や手づくりの絵本で日本語と英語の読み方を教えました。

バイオリンも2歳からはじめ、その後、演奏会で披露したりコンクールで入賞したりしました。「バイオリンを習わせていた」というとお金持ちだと思われそうですが、わが家は地方都市・大分の平均的な家庭です。

娘にバイオリンを習わせることができたのは、幼稚園は年長の1年だけしか通わなかったこと、それに塾通いを一切しなかったため、学費を抑えられたことが大きいです。小中高すべて地元大分の公立校で、その12年間通算の学費はたった50万円ほどでした。
<<<<<途中省略>>>>>>
娘が6歳になるまでに私が教えたのは、日本語(漢字)、英語、算数、音楽、体力づくり。大分のような地方都市では珍しく自動車免許を持っていない私は、普段からよく歩くのですが、娘が幼い頃は毎日のように2人で散歩しました。

子どもなら散歩でも十分体力づくりになりますし、歩きながら道ばたの草花を愛でると、季節の移ろいを味わうこともできます。

私は「子どもは未来人」だと考えてきました。未来からやってきた子どもたちからみたら、今の世界は“自分たち未来人のまったく知らない、遅れた文明の世界”です。今の地球の仕組みをまったく知らない彼らに、「ナゼこんなこともできないの」「何回やってもナゼできないの」と言ってもムダです。>>>>>>>>>>>>>>>>>>
私は娘に学校の勉強は平日にこなし、週末は学校の勉強ではなく、「人生勉強」をするように幼い頃から促していました。
私自身は学校の勉強を重視していなかったのもあり、娘に提案したのが「学校の宿題は解かずに答えを丸写ししながら丸暗記する」ことでした。
先生が生徒を信頼して、解答つきの問題集をそのまま配布し、それを宿題にすることがあります。そこで答えを丸写ししつつ丸暗記。答えを暗記してから提出するので、決して「サボった」ことにはなりません。問題を解く時間をカットして理解を優先したまでです。
ただし、宿題を拒否するのは社会のルールに反するので、きちんと提出すべきでしょう。ならば宿題の本来の目的である「学習」をすればよいわけで、解くと時間がかかる問題は丸写し&丸暗記すればよい。こうして余った時間は有効に使うのです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そういえば、中学校の時にクラスで勉強が一番だった正子さん、さわやかで頭の良い美人でした。
やはり答えを先に書いてから問題を見る、同じことだから、といっていたような・・、その時、
えっと思ったことを思い出します。
福原愛さんも、お母さんが数学の勉強の時に、答えを先に書かせてから解き方を考えさせたと言ってました。時間がない愛ちゃんにとっては時短の勉強法なのですね。だから中国語も賢い方法でマスターしたのではと思います。



世界に通用する一流の育て方  地方公立校から<塾なしで>ハーバードに現役合格 (SB新書)


世界に通用する一流の育て方 地方公立校から〈塾なしで〉ハーバードに現役合格 (SB新書)


ガン治療の95%は間違い:近藤誠先生 [医療]

近藤誠氏の「ガン治療の95%はまちがい」という本へのコメントが簡潔でわかりやすいので
転載させていただきます。・・・・・・・・・・・・・・
人は、ある日突然、がん患者になって
標準治療のベルトコンベアにのせられる。

痛くもつらくもないのに、健診や人間ドックで
臓器に「気になる影」が見つかって大病院を紹介され、
フルコースの精密検査を受けさせられ、
「がん」と宣告されると同時に、
入院、手術、抗がん剤治療の予定が組まれることが多い。
「放っておくとがんが広がって転移する」
「治療しないと余命3カ月」などという脅しも、よく加わる。

しかし、がんの治療を始めたとたんに
見る影もなくやつれ、あっという間に逝く人が多すぎる。

本書を読んでおくと、自分や親しい人が「がん」と診断された時、
「医者が勧める手術や抗がん剤を
する必要かあるのか? その治療に、
どんなメリットとデメリットがあるのか」を、落ちついて検討できる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
看護師でした。
以前外来で抗がん剤を使うクリニックで働いていました。
検診で癌と診断され抗がん剤(ナべルビン)を一度点滴しただけで(1クールでなく1回)歩けなくなるほど
衰弱しあっという間になくなった方がいます。彼はアスリートだったのに。
 同様の症例はその方だけではありません  
 そのころから抗がん剤への疑問をもっていましたが先生の本を読んで意味がわかりました。
文中にたびたび出てくるあなたは自分が何か月後かに死ぬような気がしますか?の問。
まさにそのような人々が抗がん剤で殺されているのです。
しかも抗がん剤が一番保険点数高い(儲かる)そうです。
患者さんは医者というだけで信用してはいけないと思います。
いろんな文献やデータを自分なりに分析して知識を得て確固たる信念を持つべきです。
近藤先生のように。
・・・・・・・・・・・・・・・
船瀬俊介氏は、ガン医療は世界的な儲けのからくりの闇にあるとまで断言しています。






効果がないどころか超有害!  ワクチンの罠


沖正弘がのこしてくれた治すヨガ!


3日食べなきゃ、7割治る!


病院に行かずに「治す」ガン療法―ひとりでできる「自然療法」


医療大崩壊  もう、クスリはのめない 医者にはいけない


食べなきゃ治る! 糖尿病


オリンピックで浮かれるな 巨大地震だ、津波だ、逃げろ! 2020年までに東京直下地震100%


ガン細胞を食べてしまうからノーベル賞 [健康]

私のブログ記事で最近のアクセスでずっとトップは「市川海老蔵さんも正負の法則、美輪明宏さん」で、一日100人もの人が毎日見てくださいました。マスコミで奥様がガンになって話題だからでしょう。最近は落ち着いてきて、それでも一日50人程度の人が訪問して見てくださいます。
二位は常に一位だった「木村秋則さん、人類の終わりはいつ?」、三位は「重曹でガンを直す」です。
 今日、ノーベル生理医学賞の受賞が決まった内容は以下のようです。
井口博士のブログより転載させていただきます。
「オートファジー=自食現象でノーベル賞が来たわけだ。
この現象は断食すると普通の細胞が飢饉に陥ってがん細胞を餌として食ってしまうという生理現象である。 断食の効果がノーベル賞を得たわけである。
イエス・キリストが断食をさせて病気を直したという伝説のその科学的根拠がオートファジーという現象である。 これを発見されたのが大隅良典博士だった。まさに快挙である。
心からおめでとうございました、とお祝いしたい。」
やはり断食の効果はすごいですね。
断食による自食現象にせよ、重曹で治す方法にせよ、今の手術、抗がん剤、放射線の三大療法とは全く違います。
近藤誠先生の本を一冊でも読めば、三大療法はガンを悪化させて死へまっしぐらだ、ということを知るはずです。カナダ人の二人に一人はガンになっても病院へ行かない。そのまま過ごすほうが長生きすることを知っているからです。
現に樹木キリンさんは、何か所がガンがあるそうですが、漢方療法をする以外は西洋医学の三大療法をしていないようです。それだからこそ、元気に映画やテレビに出演しているのだと思います。
私自身、母を三年間、胃がんで見送った時に、三大療法は何も効かない、ガンを治すことはできないと間近で見て知ったわけで、近藤誠先生の言う通りだとわかります。
ところが、中村勘三郎さんも、海老蔵さんの奥さんも、素直に病院のいうなりで、周囲には誰も近藤先生の本を読んだ人はいないのかと残念です。
勘三郎さんは手術の前日までゴルフをしてビールをおいしそうに飲んでいたというのに。
元気だったら、検査で多少のガンが見つかっても無視すればいいのかもしれません。
なぜなら、人間の体には毎日がん細胞が数百も生まれているから、検査をしたら見つかるにきまっているからです。ただ、そのがん細胞はほとんどが自然に消えてしまうのです。
気にしないで無視するのが良いようです。
ただ、小林麻央さんの場合は、末期がんに近く、入院せざるを得なかったのかもしれません。
私の母も、丸山ワクチンで軽くなり自宅に戻っても、またすぐ痛みがひどくなり病院へ戻らざるを得ない時が続き、結局三か月は寝たきり、点滴だけで生きた末に亡くなってしまいました。

自分がガンになったら切り取る手術は最低限の部分だけ、あとは抗がん剤や放射線など、ガンを増やすだけですから断って気にしないで暮らすだけで良くなるのではと思います。
現に私の知人は大腸がんでしたが、周囲の組織も切りますかと医師に聞かれて拒否し、その後元気で暮らしています。




がんは治療か、放置か 究極対決


がん治療の95%は間違い (幻冬舎新書)


がん放置療法のすすめ―患者150人の証言 (文春新書)