So-net無料ブログ作成
検索選択

核ミサイルが飛んで来たら [戦争]

 いよいよ明日が何かの記念日だということで危機感が高まっています。
良く予言がされるというイルミナティカードによれば、その絵が示すのは横浜に核爆弾がさく裂し、人の影が横浜の赤レンガに焼き付き、人々が逃げ惑う様子が描かれていることです。
解釈としては、神奈川ミサイルが撃ち込まれる、と言うことなのですが、さてどうでしょう。
神奈川には厚木基地、横須賀海軍基地があります。
そこをめがけてくるのかどうか、避難の用意をしておかねば・・・
 副島氏のHPによれば、韓国または日本の米軍基地が攻撃されるのは、来年の四月のことで、日本には核ミサイルは来ないというのですが、根拠は示されていません。
 クリントン当選を予言した方なので、当たるかもしれないし、来年にしても怖いことです。

政府のHPでも、ミサイルの対策を掲示しているそうですが、原発事故の時のことを考えるとあてにならない政府なので見ようとも思いません。
核シェルターが売れているそうですが、欧米の普及率と比較すると日本は1%にも満たないようで、
テレビでは、頑丈なビルなどに逃げる、地下街や地下鉄に避難するように、と言っています。
ある高級ゴルフ場の地下には数十人の会員が避難できるほどの核シェルターがグリーンの下に造成されているそうです。
ただ、本当に核ミサイルだとしたら、そこらじゅう放射能だらけになるのですから、一時期地下へ避難したとしても、地上へ出たら途端に放射能ですから出られなくなりそう。
それに地下街を閉鎖するわけにはいかず、換気しなくてはならず、地上の空気を入れた時点でアウトです。
シミュレーションすると、デパートの地下へ潜った人々は、地下にある食料品を食べつくすのに三日ほどかかったとして、その後はどうするのでしょうか。
水は水道から出たとしても、水源が汚染されたら終わりです。
 日本は列島を原発54基で囲まれています。
稼働していてもしてなくても、そのうち一基にでもミサイルが当たれば日本終了です。
 アメリカからのリベンジが怖くて、ミサイル攻撃はできないそうですが、北さんも破れかぶれになったら何をするかわかりません。
アメリカが先にボカボカと攻撃するのか、あるいは北さんが、一発日本か韓国にお見舞いしてから
始まるのかわかりませんが、どちらにしても日本か韓国はご用心です。
 いくら用心したってヘルメットをかぶったって、やり投げやなぎなたの練習をしたって無駄よ、と
いう場合は、あまり気にしないで、その時まではケセラセラで楽しく暮らすしかないってことでしょうか。
 木村秋則さんが神様と宇宙人から聞いた予言、地球のカレンダーが終わるまで時間がない、ということは、そういうことかもしれません。


悪魔の秘密結社「イルミナティ」の黙示録 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)


地球に生まれたあなたが今すぐしなくてはならないこと


「心」が変われば地球は変わる (扶桑社文庫)


地球に生きるあなたの使命


アキエ夫人秘書の栄転 [政治]

総理夫人だからといって国家公務員を五人も秘書代わりにして使うなど前代未聞のことで開いた口がふさがらないでエクトプラズマが出そうである。(きっこさんの真似)
10年以上前に菅直人夫人とお会いして、2ショット写真も撮らせていただいたのだが、彼女は一人でさっそうと行動していた。それだけの才覚も信念もある女性なのだ。

しかし、悪いけれど、安倍夫人は聖心女子高校で普通の成績を取っていれば、女子大に進むことができるのに、それができなくて、専門コースを卒業したそうな。
成績で人をあれこれ言ってはいけないのだけれど、総理夫人になってからのアバウトな行動を見れば
なるほどなあ、と思ってしまう。

で、口利き疑惑を一人の秘書のせいにして終わろうとしている安倍内閣だけれど、今度週刊誌に
その秘書の異例の栄転が報道された。以下に転載します。・・・
「週刊新潮4月20日号によると、谷氏はイタリアの政府系機関へ異動する予定だという。谷氏の父親も事実を認めている。

「谷さんの異動先は、経済産業省が所管する独立行政法人『ジェトロ』のミラノ事務所か、ローマに事務所を開設したばかりの観光庁所管の『JNTO』でしょう。在イタリア日本大使館の可能性もあります」(霞が関関係者)

 東大文卒の谷氏は、1998年に経産省に「準キャリア」として入省。2013年から15年末までの3年間、「内閣総理大臣夫人付」として昭恵夫人の“秘書役”を務めた。16年から中小企業庁に移っている。

■普通ではあり得ない「異例の優遇」

 谷氏のイタリア異動について「キャリア並みの厚遇と言えます」と指摘するのは、公務員制度に詳しいジャーナリストの若林亜紀氏だ。

「役職からいって、谷氏の現在の給与は年800万円程度とみられます。仮に異動先がジェトロだとしたら、給与は年640万円ほどになるでしょう。ただ、別途、海外赴任手当が月50万円、住宅手当が月18万円程度プラスされる。現地での生活費は手当だけで十分に賄えるので、給与はほぼ全て貯金に回すことも可能です。準キャリアが海外に異動を命じられることは、普通ではあり得ません。それだけでも異例の優遇と言えます」

 谷氏の「栄転」は、口利きの責任を一人でかぶった「ご褒美」なのは明らかだ。安倍政権にとって、谷さんのイタリア赴任は、メディアの取材攻勢をかわすことと、優遇することで将来にわたって「造反」しないようにする2つの狙いがあるのだろう。」以上転載終わり