So-net無料ブログ作成

北への攻撃は四月? [政治]

来年の四月にアメリカが北朝鮮を攻撃するそうです(副島隆彦氏)
理由として、二月には韓国で冬季五輪が開催されるので、その後だそうで、その時には金氏は中国国境の高速鉄道の下に
通っている地下道を通って中国に逃げることになっているとか。
シナリオまでできているということは、アメリカも北朝鮮も中国も裏で組んでいる夢芝居なのでしょうか。
四月に危機という情報を得たのかどうか、外国人タレントが二人、三月で活動休止してしまうと宣言しました。
スイス人の春香クリスティーンとアメリカ人のクリスハートです。
春香さんは海外留学、クリスさんは子育てということですが、あの311の後にもたくさんの外国人が海外へ避難したことを
想起させられます。
では、我々はどうしたらいいのか・・・
西へ逃げたら、北朝鮮から放射能が降ってくるし、(まあ、その時は全国へ放射能の雨かもしれませんが)
東へ逃げると、厚木基地や横須賀基地への反撃があるかもしれず、茨城の東海原発にミサイル攻撃されると
関東一円が放射能の雲の下になります。
いやはや、どうにも逃げ切れないとなったら、まな板の上のコイですね。
とりあえず、避難用の食料だけは備蓄しておいたほうが良さそう、と思います。

ネットの記事から転載させていただきます・・・・・
「現にトランプ大統領は先月6日、日米首脳会談後に行った共同記者会見で「日本が大量の防衛装備を買うことが望ましい。そうすべきだ」と訴えている。7日には「今回の訪日と安倍(晋三)首相との友情が、我々の国に多くの利益をもたらすだろう。軍事とエネルギー面で莫大な発注が見込まれる」とツイッターでつぶやいた。
 事実、北朝鮮とアメリカの緊張関係が高まるにつれ、アメリカの軍需産業の株価は急上昇し、最高値を更新し続けている。トランプ大統領の外交戦略を考えれば、今のアメリカと北朝鮮の緊張関係をある程度キープしながら、韓国や日本をはじめとする同盟国に防衛装備を売り込むことこそが、アメリカファーストといえよう。
◆友人ヅラしてカツアゲしてくるアメリカに何故甘くするのか
 一方で、日本の防衛装備品の購入は近年大幅に増加している。ほとんどはアメリカ政府が提示する条件を受け入れなければならない、政府間取引の有償軍事援助(FMS)方式だ。
 なお、平成30年度予算案では、政府が防衛費を5兆2000億円程度に増やす方向で調整に入ったことが明らかになっている。
 ミサイル発射を繰り返す北朝鮮や海洋進出を加速させる中国を念頭に防衛態勢を強化する方針で、29年度当初予算(5兆1251億円)を上回る過去最大規模となる。」
nice!(0)  コメント(0) 

安倍総理の接待はアメリカの笑いもの [政治]

アメリカのテレビ番組で、トランプ訪問時の安倍総理のおもてなしが大笑いになっています。
おそろいの帽子にドナルド、晋三と二人の名前を入れて、あれで同盟のしるしだって、あんな帽子ごときで同盟の強化だなんておかしい、ワハハ
食事にアメリカの肉を提供したって、なんで日本まで行ってアメリカの肉を食うんだい、ワハハ
イタリアの首相がアメリカに来た時にイタリアのパスタを出すだろうか、ワハハ、
さすがに、ゴルフ場で安倍総理がバック天のごとく、すってんころりん、と転んだ映像までは出ませんでしたが、池の鯉に餌やりするところでは、安倍総理がマスをひっくり返して与えた後、トランプも真似して餌をひっくり返したのを揶揄して、鯉の餌やりは、瞑想にも匹敵する静かな作法なのに、なんてこった、とまた大笑い。
トランプは「北朝鮮のミサイルが日本の上を通ったけど、なんで日本の侍は撃ち落さなかったのだ」といったことに対して、司会者は、トランプはまだ日本に侍とか忍者がいると思っているのか、と大笑い。
テレビを見たアメリカ人は、ほんまに日本の総理はあほやな、と笑い、日本人のランクもまた下がったのではないかと想像します(^^)
そのテレビ番組を見たのは以下の阿修羅掲示板でした。

http://www.asyura2.com/17/senkyo235/msg/523.html


nice!(0)  コメント(0) 

NYtimes 安倍勝利の謎 [政治]

人気もない安倍総理と自民党が勝利したことについて、海外各国が変だと言ってます。.....
[ヒステリーを利用し、目を逸らした突然解散選挙]

散々喧伝された‘北朝鮮の脅威’を巡る懸念とヒステリーを利用した突然解散選挙をするという首相の賭けは、広く想定されていた通り成功した。政治的成果は大変なものだ。わずか数ヶ月前、事態は安倍と自由民主党にとって、好ましいものではなかった。
ニューヨーク・タイムズは、‘安倍のなぞ’と表現している。
安倍首相の支持率は、一連のスキャンダルに悩まされて、夏の間に30パーセント以下に下がり、選挙運動中に行われた世論調査では、安倍首相の対北朝鮮タカ派戦略を支持する人より、反対する有権者の方が多かった。

“ここに安倍のなぞがあります”
キングストン教授[東京にあるテンプル大学アジア研究科ディレクター]は語った。
“基本的に、有権者に不人気で、政策がとりわけ人気があるわけでもなく、指導者として、高得点というわけでもない人物が、それでも、一体どうして、選挙に勝ち続けるのでしょう?”
だから、カンニングで百点取った生徒のように、勝っても笑顔がないのですね。
遠からず天罰が下るかもしれません。猫のお局様はしっかりと見ています。
026.JPG

026.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

ムサシ電子投票システムができること [政治]

不正選挙の疑いをわかりやすく説明している阿修羅のコメントをご紹介します。・・・・
「ムサシマンサックスの演出する低投票率はそれがなく、自公は皆勤賞みたいな得票で、野党票だけ減る又は伸びないという不思議な低投票率なのである。
ましてや今回は安倍不支持過半数の中で行われる選挙である。
恐らく不支持過半数にして、女性が一番嫌いな男にして(女性セブンのアンケート)、圧勝する政権は安倍が初めてである。
また、二週間前にほぼ同じ数字を電通マンサックスがダマスゴミにアリバイ報道させているのも特徴で、考えられる事は、ムサシマンサックスがブッシュやヒラリーの選挙のように、神聖なる五百票の束を、自公に付け替えたり、それでもおっつかない場合は、発表する投票率に見合う野党票をノーカウントにしてしまう事で、ソースコードを開示しない前提であれば可能というか簡単である。
また、電通マンサックスが発表させた情勢報道も生数字を記者にすら見せていないようで、適当な数字をでっち上げるのは可能である。。
原始人のあみだくじより、巨人贔屓の審判より胡散臭いのが現在の選挙報道と集計である。
このハゲー、そこら辺の中学校の生徒会選挙より安全が担保されておらず、電通マンサックスとムサシマンサックスへの信頼だけが担保とか違うだろー、白亜期の選挙かーという感じである。」
・・・・・・以上転載させていただきました(^^)


12・16不正選挙


日本の「食」が危ない!!: 戦争、独裁監視社会への布石 TPP・改憲・共謀罪の暴走を阻止せよ


nice!(1)  コメント(0) 

また不正選挙らしい [政治]

嵐が去って素晴らしい秋晴れです。秦野の国道246号からは青空に映える富士山がきれいにそびえて見えました。
昨晩は結果を見てがっかりしました。喉に何かがひっかったような感じです。
安倍総理の顔もカンニングをしたのに百点取っちゃった生徒のように勝っても明るさはなく暗いです。
本人もこんなに取るとは思わなかったと正直に答えています。
安倍総理はどこで演説しても「やめろ、帰れ」コールばかりで、しまいに福島の田んぼの中で誰もいないところで演説し、最終日には、秋葉原で大量の偽応援団を動員して、日の丸国旗を持たせてさも大勢が支援しているかのように見せかけました。大量の日の丸が雨の中、振られる様子は何かの宗教団体のようです。
予想通り、インチキ電子投票かもしれません。低投票率は野党側にだけ影響があり、与党側は投票率が余り下がっていないという不思議さがあるようです。
まあ、前回も同じインチキで勝った自民党ですから。科学的な証拠はいっぱいあり、例えば、ある所では、集計結果が午後10時になってから、与党と野党の得票が突然逆転して与党が勝ったとか。
これもアメリカ側の指示であり、憲法改正をして日本も戦争に参加せよ、そして日本と隣国が戦争すれば、漁夫の利を得るのはアメリカというわけになるようです。
日本が戦争をすれば、アメリカが軍事同盟で助けるから大丈夫、と信じている日本人が多いようですが、ある評論家によれば、アメリカは日本を助けるが、戦争の前ではなく、後である、日本がボロボロになってから復興支援という形でくるらしいです。
つまり、色んな漁夫の利でまた儲ける、そして利益を持ち帰るということのようです。

ちなみに、今度の台風も電磁波による気象操作で、投票率を下げる効果狙いとか。
いやはや日本はどこへ行くのでしょうか。

それを端的に表現した阿修羅のコメントを次回ご紹介します。・・・・・・・

ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)


ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)


「憲法改正」の真実 (集英社新書)


nice!(0)  コメント(0) 

自衛隊教官が語る総理の危険性 [政治]

あの山尾しおりさんの応援演説というので、なんだかなあ、と思われる人も多いと思いますが、自衛隊で戦争の勝ち方を教えている人の意見としては、安倍総理国難説、もっともだと思えます。
以下、抜粋して転記させていただきます・・・・
「今、僕の紹介にありましたが、NGO職員とか、国連の職員。
僕もたぶん、護憲派で、リベラルで、平和主義者、みなさんと同じ・・(拍手)
・・だという印象をもたれているかもしれませんが・・、(笑い)
実は違った側面もありまして、 実は、僕は防衛省の自衛隊の先生です。もう10年やってます。ただの自衛隊ではありません。東京の目黒に統合幕僚幹部学校というのがあるんですね。陸海空の精鋭を育てる、高級過程というところで、幹部と候補生を10年教えてます。

なにを教えているか。戦争の勝ち方です。それを教える人がいないんです、日本には。なぜかというと、戦争にどう勝つかは、アメリカが考えるんです。自衛隊ってのは、非常にいいにくいんですけど、アメリカの二軍なんです。アメリカが考える戦略にどう従うか、ということだけをずーっと戦後70年考えてきた。
「もしかしたら戦争が回避できるかもしれない」
そういうことを主体的に考えたことが、日本はないんです。70年間。これはほんとなんです。自衛隊のカリキュラム、幹部候補生を教えるカリキュラムがそういうふうにできちゃってるんですね。
ボクはあまりテレビは観ないんですけど、今日の朝、たまたまみたら
朝からですね、自民党の安倍さんが出ているんですねCMに。
「この国を守る!」・・筆頭に出てくるのが、北朝鮮の脅威なんですよ。
僕は自衛隊の先生でありますし、国立大学の教員でもありますし、教えてる自衛隊の最高司令官は、安倍首相です。 その立場で非常に言いにくいんですけども。
今、日本の国防の最大の脅威は、安倍政権です。(笑い、拍手)
これは、リベラルな立場で言っているんではなくて、極めて専門的な立場で申し上げています。その理由をおはなしします。
実は、先月、今から3週間前 ぼくはソウルにいました。トランプ政権がこれから戦争やるやる、って言ってる ソウルって、北朝鮮の国境から、50キロちょっとしか離れてないんですよ。
ここから名古屋駅のちょっと先ぐらいです。そこに敵がいるんです。大砲向けてるんです。そこに呼ばれたんです。 
だれが僕を呼んだんでしょう。
アメリカ軍、陸軍の太平洋地区 最高司令官のロバート・ブラウン大将です。いちばんえらい人です。
ソウルでこの時期に太平洋地区の32カ国の、陸軍の最高司令官だけを呼んだ会議を開くから、そこで講演してほしいと依頼されました。アメリカに呼ばれたんです。
なんで、この時期に、アメリカの陸軍がそういう会議を開くか。
それもソウルですよ、ソウル。
アメリカは、一枚岩じゃないんです。
アメリカには大統領府がある。イケイケどんどんですね。安倍さんみたいに。
アメリカには、国務省があるわけです。外務省にあたる。
国防総省があるんです。軍があるわけです。軍の中でも、陸、海、空とある訳です。その中の陸軍です。戦争回避したいんです。彼らは。
なぜかというと、戦争が始まっていちばんおはちを食うのは、陸軍なんです。
それは、空軍であれば、基地を飛び立って、爆弾落として帰ってくるだけ。それだけですよ。爆弾落として、そのあとどうするんですか?
敵を倒すのは政権を倒すのは簡単なんです。アメリカの技術をもってすれば。
金正恩なんて、すぐ殺せます。
なぜ、それをしないのか。 リスクを考えているからですよ。
戦争というのは、敵国の政権を倒すだけで終わりじゃないんです。
その後に、人民がいるんですよ。
その人たちを統治しないといけないんです。そこではじめて、戦争に勝ったというんです。
日本人わかんないでしょ、この難しさ。だって、我々はうまく統治されたわけですよ。私たちは唯一の成功例なんです。我々が。
ところが戦後、アメリカはアフガニスタンで失敗した。だから私が呼ばれたんです。その前はベトナム。イラク。すべて、敵は倒したけど、そのあとの占領統治で失敗した。つまり、戦争に失敗してるんです。
だから、「開戦した場合のコストとリスクを将軍たちに教えてくれ」、という依頼でした。
これも、アメリカなんです。
大統領は、やれやれ言ってますけど。そこを考えて、じゃぁ日本政府はどうするか、って考えなきゃいけないんですよ。
ところがどうしたわけか、トランプ政権の足元で、きゃんきゃん、きゃんきゃん、小型犬みたいにきゃんきゃん吠えてる国があるわけです。これが残念ながら、我が国の首相なんです。
もし、開戦したらどうなるか。ソウルが火の海になる。50キロしか離れてない。
米軍を海外に置く。我々も出なきゃならない。たぶん、そこまでだったら、アメリカは総力をかけてあの政権を倒すでしょう。 倒した後が、問題なんですよ。
だって、200万人いるんですよ。あっちの軍が。
トップの首を落としたら、簡単に投降すると思いますか? しないんです。
そっからが大変なんです。内戦になります。
アメリカはいつでも、手を洗って、自分のとこに帰ってきます。
戦場となるのは、朝鮮半島かもしれない。ソウルかもしれない。もしかしたら日本かもしれない。
これが日本や韓国、こうした立場に置かれた国を「緩衝国家」といいます。
つまり、大国の戦争の狭間にある。戦場となるのは、我々なんです。
アメリカ本土じゃないんです。それも、通常戦力でできるわけです。何万人も死にます。試算が出てます。
だから、気をつけてほしいわけです。だって、アメリカの陸軍の軍人たちが、自分たちの代表に、気をつけさせるために、こういう会議を開いてるんですよ?
なーんで、日本の首相が煽ってるんですか?  ・・でしょ?
今、会場にお子さんたちがいらっしゃいますが、今ある平和がお子さんたちの代に、もし、なかったとしたら、それをそういうふうにさせる、最大の脅威は、
大変申し訳ないけど、安倍政権です。 安倍政権です。

ほんとにほんとに、僕は、なにもしょってません。一研究者ですから。
安全保障専門家を自負しています。
今の自衛隊の幹部すべて、幸か不幸か どんなにえらい自衛隊の幹部でも、戦ったことないんです。それはよかったかもしれない。
ボクは逆に戦う現場にいました。国連の多国籍軍を率いる立場にありました。アメリカ兵とも行動を共にしました。 実際 僕の命令で、人が亡くなっています。
その立場の人間として申し上げます。
今一度、申し上げます。
安倍政権をこのままにしておいたら、我々の子ども、孫、今ある平和は続きません。
最大の 国防の脅威は、安倍政権です。これを、僕の立場で、申し上げます。
ありがとうございました。  (大きな拍手)
 
~~10月17日 愛知7区 山尾しおり 瀬戸つばきホール
      「立ち向かう集会」にて
伊勢崎賢治さん(東京外語大学大学院平和構築学教授)の応援演説でした!」」


ナチスの「手口」と緊急事態条項 (集英社新書)


憲法に緊急事態条項は必要か (岩波ブックレット)


緊急事態条項の何が問題か


nice!(0)  コメント(0) 

都市伝説:不正選挙 [政治]

昨日は風邪もほぼ治って、仕事の帰り、秦野天然温泉さざんか、に寄ってきました。平日月曜日なのに、駐車場もお風呂も混んでいました。寒いのに露天風呂に入っている人もいたので、ガラス戸を開けて外へと出たとたん、寒風に吹かれてUターン、風邪をぶり返してはいけないと中で温まりました。
さて、最近の日本は電子投票になってから、不正選挙が行われているという噂が絶えません。
しかも、その会社の株主は安倍総理の親戚だそうですから、自民圧勝の過去の選挙も実は電子システムの操作だと言われています。
では、今度も?という疑いも出ます。
以下は阿修羅掲示板にあった電子投票の操作方法だそうですが、信じるも信じないもあなた次第というわけです(^^)・・・・・
● ムサシ不正選挙 主な流れとカラクリ ●
<主な流れ>
1 有効票を100票とか200票とか500票の単位で束ねて輪ゴムで固める。
2 ムサシオペレーターがPCで「バーコード票」を発行する。
3 輪ゴムで固めた票束の先頭に「バーコード票」を括り付ける。
4 最終的に「バーコード」を読み取って集計する。(PC集計)
<カラクリ>
○ PCプログラミングが非公開で、「ブラックボックス」になっている。
○ 「バーコード」を読み込んでの「PC集計の結果」が開票結果になるが、
  その【開票結果】と、輪ゴムで固めてた票束の実際の票数【実数】とが、
  本 当 に 合 致 し て い る の か ど う か が疑問!
※ 選管には「マニュアル(開票の手引書)」があり、それを見てみると、
  PC集計した【開票結果】と、輪ゴムで固めてた票束の【実数】とが、
  本当に合致していたかどうかの確認作業の記載が全くありません。
  実際、最終的な確認はされてなく全く検算されていません!
  PC集計前にランダムに票束をパラパラめくって確認する作業はあるが、
  あくまでPC集計する前段階での作業です。
< 事実上、バーコードの「PC集計の結果のみが開票結果」となっている!>
○ ムサシ社PCには「バックドア」があり、外部から遠隔操作も可能です。
● 期日前投票のセキュリティ、投票用紙の管理、無効票の扱いにも疑問あり。
● 支持率偽装、出口調査偽装も当然ワンセットです。
ーーーーーーー以上、阿修羅からの転載でしたーーーーーーーー



12・16不正選挙


「緊急事態条項・憲法改悪・不正選挙」 安倍政権が目論む戦争・監視国家


不正選挙――電子投票とマネー合戦がアメリカを破壊する (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ)


nice!(0)  コメント(0) 

不倫は罪 [政治]

170922_124901.jpg その後、リウマチらしき症状は、白ワインと日本酒が良いということがわかってきました。
毎晩、寝る前にグラスに半分くらい飲んでリウマチの軽減に役立てております。
一度、洋ナシの酎ハイという缶を飲んでみたのですが、寝る前に消化、蒸発してしまったようであまり効果的とは感じられませんでした。
なので、ワインと日本酒としております。老人施設で介護をしている人に話したら、そんな自己流じゃ、怪しい、やはり病院で診てもらったほうが、というので、いつか機会を見て行くつもりですが・・・
さて、政治家や有名人が次々と不倫騒ぎでマスコミの恰好の餌食になっています。
もう、ベッキーあたりから、有名人はすべての行動が丸見え、お見通し、裸の王様になっているというのに次から次と暴露される有様。自分だけはばれない、と思っているのかしら。
 
 スピードというグループの歌手から国会議員になった女性と兵庫市議は、誰からも見られる公道ともいえる新幹線の中で手をつないで寝ていて写真にとられている。自らの恥さらしです。
 しかも、相手は、政務活動費まで嘘の領収書を作って何百万円もだましとっている詐欺師の市会議員でした。
 豊田真由子議員は、暴言暴行のやりたい放題で秘書をいじめまくり、善悪の判断がつかない人だし、それがいつかは公になるという危惧を抱かなかったのは、恐ろしい想像力の欠如。暴行は犯罪行為だし、東大を出たというわりにかなり頭が悪い。性格の異常もありそうです。
 今回の山尾しおり議員も、東大を出て司法試験にも通り、国会議員になったというのに、しかもこの1,2年、同じ議員や有名人が次々と文春のターゲットになっているというのに、不用心に不倫して写真を撮られまくっている間抜けさ。同じく新幹線に二人で仲良く乗ったり、バーで並んで飲んだり、普通の恋人同士のように堂々と二人で行動している。国会議員だという自覚がない。
彼の妻が療養中で実家に帰っているのをいいことに彼の家に行ったり、妻が家に戻るとホテルに泊まり、と無制限の行動。本当に頭が良いなら、不倫をするとしても、もっと巧妙にするはずだが、と検索してみると、司法試験は東大卒後七回目の挑戦でやっと合格、検察庁に勤めても失敗して左遷されたりしたので、司法は向いてないと思ったのか、議員に転職したらしい。
なので本当の秀才ではなさそう。本当の秀才は東大在学中に合格している。
東大に合格したのも、受験に強い学芸大附属に小中高と通っていたおかげで上手に合格したらしい。
ともかく、民進党の重要な時期に男と週に四回もホテルなどに泊まり歩き朝帰りすること自体、脳みそ大丈夫かとなる。しかも五歳の息子はいったい誰がみているのか、育てているのかとあきれる。
保育園のことを叫ぶ前に男と密会する暇があるなら、自分の子の世話をしたら?となる。
人として、母として失格でしょう。
自分が重要人物で、マスコミや国民に常に見られているという自覚がなさすぎ。
昔からのことわざ、「人のふり見てわがふり直せ」と「壁に耳あり、障子に目あり」。
 有名人、政治家、公人は、ほぼ24時間監視されている、不都合な写真を撮られていて、敵に都合の良いタイミングで世間に公表される、ということを自覚して行動したほうが良さそうですね。


nice!(0)  コメント(0) 

小学校同級生が語る安倍君 [政治]

阿修羅掲示板より転載させていただきます:
「うんこよりも嫌われ者の安倍くんは同級生」と、思わず腰を抜かしそうなタイトルの一文をネットに投稿したのは“ぴょんぴょん先生”こと、女医の白木るい子さんだ。
 成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスだったそうだ。“ぴょんぴょん先生”が語る幼少時代の安倍晋三首相である。 (原文のまま)
*******************
 共謀罪が強行採決されたら、不敬罪でつかまると思うので、今のうちに言いたいことを言っておこうと思います。
 国会の答弁を見ていても、「どうせ共謀罪が実行されるんだから、言いたいことが言えるのも今のうちさっ」って感じのふてぶてしい安倍くん。
 国会中に席をはずし、ズボンを上げながら戻ってくる安倍くん。
人の話を、せせら笑うような顔で聞いている安倍くん。
 質問しても、別の話を持ちだして流れを変え、肝心の答は絶対に言わないよう訓練をされた安倍くん。
  「自分が関与してたら総理大臣を辞めます」と言ってたのに、一向にやめる気配のないウソつきの安倍くん。
 読売新聞を読めという安倍くん。
何をしてもボクちゃんはトップだから、というアホ丸出しの安倍くん。
 ネットではサイコパスと呼ばれ、最低な人間、歴代最低の総理なんて言われてる安倍くん。
 なんて奴だ! あんたにはひとの心がないのか?! と叫ばせてしまう安倍くん。
哀れなヤツだ、こんなヤツじゃなかったのに、と嘆かせる安倍くん。
 恥を忍んで言いますが、安倍くんと私は、ともに成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスでした。

▼「早く退陣してほしいと」と安倍首相の同級生!

 “ぴょんぴょん先生” ”こと、女医の白木るい子さんが語る幼少時代の安倍首相である。
******************
 安倍くんと私は、ともに成蹊小学校で4年生から6年生まで同じクラスでした。
安倍くん、覚えていますか? 担任のN先生のことを。 私はあの先生に出会ったおかげで、今の自分があると思っています。
宮沢賢治がお好きで、授業でも賢治のことを話してくださり、そのおかげで私も賢治のファンになりました。
 問題児がいても、その子の人格を認めながら、上手に導いておられました。いつも笑顔で、クラス全員を平等に見てくださっていました。子供には、そういうことはすぐにわかります。
教室にゴミが落ちていると、ご自分が真っ先に拾う。そういう先生の姿勢を目撃したときから、生徒たちもそれをまねるようになりました。
 N先生が生きておられたら、安倍くんの現状を見てどう思われるでしょうか。
心が柔らかい時代に、あのような人格者と出会ったことが、あなたにはまったく影響を与えなかったのですね。
 安倍くんは目立たない、おとなしい子供でした。今思えば、立っている時はよく手を後ろに組んで、偉そうだったのを思い出します。
 でも、今のようなサイコパスではなかったし、品もあったし、友達もいて、けっして感じの悪い子ではありませんでした。
夏休み明けに、教室で安倍くんが話していたのを覚えています。「軽井沢の、おじいちゃまの別荘に行っていた」と言っていました。
 小学校卒業のサイン帳。友人が安倍くんに書いてもらったのを、見せてもらいました。
  「将来、総理大臣になるから、そのときは云々(でんでんじゃないよ!安倍くん!)してあげる」という内容でした。まさか現実になるとは、冗談で終われば良かったのにと思います。
 そういう中で大学までぬくぬくと育ち、おじいちゃま(岸信介)から洗脳を受けながら大きくなった安倍くん。きっとおじいちゃまは、自分の培ってきた悪知恵を、安倍くんの脳みそに楽々と書き込むことができたことでしょうね。
 最近のふてぶてしい答弁を見ていると、いっぱい権力を握り、回りも固められて、立派な鎧はつけているけど、中身は弱々で自信がないんだろうなあと思います。
 アメリカから、「6月に首相の座を降りろ」と言われた時など、そうとうにビビったのではないでしょうか。
 そういう小心者なのですが、「なんとかに刃物が一番コワい」ので、早く降りて欲しいと切に切に願っています。
 国民のためにも、日本のためにも、世界のためにも!・・・以上転載終わり

 

腐敗政治 [政治]

政権が続くと腐敗する、という歴史の公式を証明している日本の現在、もう何をかいわんや、です。
森友でも加計でも関わっているのが明々白々なのに責任を取ろうとしない安倍総理。
スゲ官房長官も嘘とごまかしだらけなのに、のらりくらりと言い訳ばかりで恥の上塗り。
国民を監視する共謀罪も多数の力で押し通した。
今の流れは治安維持法が成立した時代と同じ流れという人がいる。

おら、こんな村いやだあ、という歌があるが、もうこんな国いやだあ、と言っても日本という国は
世界で一つ、どこへ逃げてもほかに日本より良い国はない。

食料自給率100%のトルコは、サクランボが大盛りで300円ほどとか。
物価も安いし、住みやすそう、だけどもテロがしょっちゅう起きる。
スペインやポルトガルあたりも食料が安くて美味しそうなのでいいかもしれないが・・
なんとか日本をもとに戻して腐敗政治をやめさせて、良い国にする方法はないものかと考えるが、
選挙自体が乗っ取られている今ー電子投票システムが一社独占で、その一社の大株主が安倍君の親戚ではどうしようもない。
ネズミの大群が大河に続々と流れ込んで死んでいくように、先の戦争では流れに任せた国民は結果として200万人が犠牲となった。
そんな流れに飲み込まれないようにするには、どうしたらいいのか。
良心のある正義の味方、ヒーローの出現を祈るか、神に祈って正義が悪に勝つようにと祈願するしかないのかもしれない。

日本経済復活の条件 -金融大動乱時代を勝ち抜く極意- (TRI REPORT CY2016)


「国富」喪失 (詩想社新書)