So-net無料ブログ作成
前世療法 ブログトップ

催眠療法の再開 [前世療法]

猛暑お見舞い申し上げます
 しばらくお休みしておりました催眠療法を再開しますのでお知らせいたします。
8月は、9日、15日、19、20、26日などが可能です。

場所は平塚で、
お時間は二時間程度で面談を中心にして、インナーチャイルドセラピーと前世療法を
行います。

ご予約のご希望はメールでどうぞ、

 先週、ゲオに行って、アナと雪の女王を借りようとしたらなかったのです。
そこで何かないかなと探したのですが、面白そうなのが何にもない・・・
それでもあきらめずに探したのが「トランス」という映画。

絵画泥棒の一味が美術館から絵画を盗んだけれど、サイモンという男が隠した場所を忘れてしまった。そこで仲間は催眠療法にかけて思い出させようとした。
セラピストは黒人の美人療法士。
ところが、セラピストも悪に加担したり、現実なのか、催眠なのか、夢なのか混沌としてしまって
わけがわからなくなって終わるという意味不明の暗い映画でした。

もっとまじめな催眠療法をしたい、と思いました。
いわば、反面教師の映画だったわけで、200円ですが借りて見て損したと思いましたが、反面教師としてみれば、得をしたのかもしれません。

どちらかといえば、パッセンジャーズのほうが、ずっと面白いです。


トランス [DVD]


パッセンジャーズ 特別版 [DVD]


催眠セラピスト養成講座のご案内 [前世療法]

001.JPG
 ようやく過ごしやすい秋になりました。
湘南は日中は日が差して暑いほどの時もありますが、朝晩はひんやりした秋です。
9月から通い始めた秦野への山道にはコスモスが咲き乱れ、栗の木からはイガグリがほろほろと落ちています。
先週は一週間遅れの彼岸花が満開でした。
稲穂が頭をたれて実り、稲刈りした稲が木にかけられ、干されています。
青い空に白い雲、なのに放射能の心配をしながら、スーパーで買い物をしなくてはならないとは、とんでもない
日本となりました。
あと一回、青森の六ヶ所や、もんじゅや玄海に震度8以上の大地震が襲ったら、日本中被爆してしまいます。
2012年世界のカレンダーが終わる、というのも漫画や映画ではなく、5分5分の確率のようなので、
私たちはこの美しい日本に首の皮一枚、綱渡り状態で暮らしているような気がします。

 お笑い番組やバラエティでは、原発、とか放射能の言葉は禁止となっているそうですが、第二次世界大戦で
日本が負けるといったら、非国民として逮捕されたのと似ていますね。

 とはいうものの、私たちは日常の生活を継続しなくてはなりません。

 震災後、色んなトラウマを抱えた周囲の友人やご家族をボランティア的に癒したり、鬱病の人や心理的に圧迫を感じている人を癒すために心理学と催眠を学ぼう、とか、自分の心理を分析したいと思うかたにオススメの講座・・・です。

 11月から来年1月にかけて、集中講座を開催することにしました。
通常は、4回で修了の講座ですが、一度以上、セラピーを受けたかたに向けて、3回で修了できるように
プログラムしました。
 平日でも休日でも、お好きな時間においでください。

 日時;11月から1月 平日または休日の午後約3時間
 場所:平塚のセラピーサロンにて
 テキスト:総合的なテキスト、NLP神経言語プログラミングを含む
 内容:前世あるいは子供時代のトラウマ解消に対する催眠療法、ヒーリング、透視テクニック
 定員:1名から3名 (催眠の実験モデルも募集します)
 受講料:5万円の所を3万5千円に割引します
 特典:修了証を発行し(無料)、セラピストとして開業する場合のアフターケアも行います

 以上、興味のあるお友達をご紹介してくださり、そのお友達がご参加いただいた場合は
 ご紹介者にプレゼントをお送りさせていただきます。

 どうぞよろしくお願いします。    ヒーリングサロン オフィスこまやま  鈴木まり

 

平塚の湘南平からsky tree が見えました [前世療法]

 今日は、九州の熊本から素敵なお客様がいらしたので、ご一緒に高麗山=湘南平に上り、
展望台から望遠鏡であれこれ眺めました。
 占いでは、お客様に「今日はついてる」と出ています。
強風の展望台から、真っ青な相模湾、伊豆半島、富士山、江ノ島、三浦半島、などが
一望のもとです。
望遠鏡で見ると、富士山の頂上が雪に覆われた峰が良く見えます。
東京のほうに望遠鏡をまわしてみると、なんと東京タワーどころか、かのスカイツリーが
見えるのです。
 日曜日で間にある横浜、川崎の工場群がお休みで空気が澄んでいたうえに、
強風で都会のスモッグも吹き払われたようです。
数年前に六本木ヒルズが見えた時と同じような条件です。

 ここ平塚は東京と富士山の中間地点にあります。
東京まで 60キロ、富士山までも60キロなのです。
どちらもきれいに見えて、ラッキー、ついてる日でした。
 写真がなくてすみません・・・

 その後に寄ったサンライフガーデンホテルの教会はスコットランドから移築した本物です。
結婚式場として人気があり、古くは藤原紀香などのテレビドラマにも登場した教会です。
地下二階の控えの間から、地下一階のレストラン、一階の教会堂まで見学しました。

出るときに、教会からの石の階段を下りると丁度、10段あって赤い絨毯が敷かれていました。
私は数えなかったので、お客様に言われて気が付いて、驚きました。
 
 今日の催眠の時、いつものように石の階段を10段下りていただいたのですが、お客様に
絨毯の色は?と伺うと、「赤い絨毯」とお答えになりました。
彼女は、教会は勿論初めてですので、まさにシンクロが起きたわけです。
 かなりスピリチュアル能力が強いかたですので、見えていたのかもしれませんね。

 数日前のニュースステーションで、ついに日本国家破産と断言しているアメリカの投資家に
インタビューしていました。
ハイマン・アドバイザーズという会社をやっているカイル・バスという人物です。
 彼はリーマンショックで500億ももうけたという有名な投資家。
日本の年金生活者と好対照にしてインタビューしています。
日本の普通の年金生活者、62歳は会社を退職してから、少しずつ退職金を取り崩しつつ
生活していて、あと700万くらい残っている、といのこと。

 アメリカのカイル・バス氏は、(ニュースステーションのインタビューとユーチューブの会見を
合わせて見るとこういっています。
 「日本は、あと1,2年のうちに破綻する。
税収が40兆しかないのに、借金が1000兆もある。やっていけるわけないだろう、。
しかも、この3年で財務大臣が8人も替わる国はほかにないよ。
その間に何の対策もしていない。国家破産するのは目に見えている。

ぼくは、日本の国債取引でもうける。5億ドルくらい投資している」とのこと。
 今のうち、国債を高値で空売り、破綻して安くなったときに買いを入れる、
ということで差額で大もうけできるそうです。
彼の日本ダメ説に賛同して投資しているウォール街の投資家は結構いるようです。

 バス氏は、日本はショックを受けてからやっと気が付いて良い方向に行くだろう。
ドルが200円、300円になったら、輸出でもうかるだろう、とのことで、一応日本への
フォローはしているつもりです。
でも国家破産したら、いったい日本の年金などはどうなるのか、わかりません。
IMFが破綻した国に介入してくると、公務員の削減や年金の削減などが断行されます。

 日本人の中で楽観論者は、借金が1000兆あっても、日本人の資産が同じ程度あるから
大丈夫、というのが定説ですが、バス氏は、借金が資産を超えるのがちょうど2013年だというのです。
だから、危機だと。

 木村秋則さんや木内鶴彦さんの人類滅亡、地球崩壊説?が同じ頃ですので、いったいこれから
どうなることやら、。
 
 どんな世の中になっても生き延びるために、貯金や現金はあてにならないとすると、
自給自足したり、できない場合はせっせと乾物(魚柄仁の助氏お勧め)を蓄えたほうが良さそうです。
戦争中を生き延びるつもりの覚悟が必要です。

 最近マイブームの魚柄仁の助氏の戦前の料理生活、本来の日本食は経済的だし、健康にも
良いし、お勧めです。

 

催眠セラピスト養成講座 [前世療法]

 ホームページでも公開しておりますが、催眠セラピスト養成講座を開講します。
今のところ、二名様のお申し込みをいただいておりますが、あと1名様可能ですので、日程が合いましたら、
お申し込みください。

2月20日午後1時より、3月6日午後1時より、3月13日午後2時より、
一回約3時間で、最終日には試験をして合格のかたには、認定証を発行します。

 詳しくはホームページをごらんください。


日時が1日程度合わない場合は、特別に時間を設けることも可能ですので、お問い合わせください。

 maygby@yahoo.co.jp



みんな重荷を背負っている [前世療法]

 拙著が売れておりますお陰で、毎日のように本を読んでくださった方々の
カウンセリングや催眠療法をさせていただいております。
そうした中で深く考えさせられるのは・・・みんなそれぞれの重荷を背負いながら、坂道を歩いている、ということです。
 どんなに明るく楽しそうに幸せそうに見える人でも、背中を見れば、その人なりの重荷を背負って歩いています。
 その重荷をどう考えるかで、幸せかどうか決まってくるようです。

 有り難う、と感謝して考えていくと、重荷が軽く感じられ、足取りも軽くなりますが、嫌だ嫌だと背中の荷物のことばかり考えて抵抗しながら歩いていくと、なお一層辛く苦しく重くなる、というわけです。

 重荷のことしか考えないと、辛いばかりですが、重荷に感謝しながら、周囲の光や風景を楽しむ人には
人生は明るく楽しい物になるようです。

 だから、決して人をうらやんだり、比べたりする必要は無いのです。
 お互いに大変だけど、仲間として頑張って坂道を登ろう、と励まし合うと楽しくなります。
 坂道の先にある頂上は天国ですからね。

 この世は娑婆、ステージの上に現れる役者が一人一人です。
そこに割り当てられた役を懸命に演じては、ステージを降りる。
困難な役もあれば、楽な役もある。
しかし、困難な役ほど演じる面白さがあるというものです。
そして、演じている最中は楽しい時、と考えれば、人生は楽しいと思える。
喜怒哀楽、苦あれば楽あり、というわけで、
昔の人の言葉は、まさにそのとおりですね。

前世療法におすすめの参考本をご紹介 [前世療法]


前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

前世療法―米国精神科医が体験した輪廻転生の神秘 (PHP文庫)

  • 作者: ブライアン・L. ワイス
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 1996/09
  • メディア: 文庫



前世療法とインナーチャイルド

前世療法とインナーチャイルド

  • 作者: トリシア・カエタノ
  • 出版社/メーカー: ヴォイス
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: 単行本



前世療法 ブログトップ