So-net無料ブログ作成

数学、理科、英語、と入試面接 [受験]

12月から急に受験生、それも大学受験生ならなれているのに、高校受験生、つまり中学3年生を数人指導する羽目になり、連日、中学生と頭の体操をしています。なので、平日も休日もなく、多忙しております。

今更、関数、解の公式、確率、図形の証明などをするとは、トホホです。昔、中学校で確率なんてやったかな、と
疑いつつ、参考書を片手にどうにか解説し、人は教えることで覚えるということを再認識。
中学生は入試五科目なので、理科もあり、昔の理科はこれほど難解じゃなかったよなあ、と思いつつ、頭の体操です。地学、物理、化学、生物など多岐に渡り、これって高校で習ったはず、と思うのですが、仕方なく取り組む有様。
たぶん、最近世界に比べて日本人の理科の学力が低下した、というので、あわてて文部科学省が急にレベルを上げたのでしょうが、いきなり上げたって、中学生にはちんぷんかんぷん、といったところで、これは余程塾に行って予習復習しないと無理みたいな感じです。
国語も大和魂の喚起かどうか、やたらに漢文、古文が入って難しくなり、中学生に本格的な漢文の問題や源氏物語の問題が出ているのでびっくりです。昔はこれほど古文漢文は無かったと思うのです。

国粋主義になったのでしょうか、今度は中学生に武道を必須とするらしく、いったい、この国は強制して愛国心が出ると思っているのかどうか、福祉も不十分で、税金ばかり取り、電気料金も上げ、原発も止めないというのに
国を愛せと強制しているみたいで、困った国だ、と中学生の教科書を見ながら、政府の思惑がわかるという状態です。
国を愛せというのなら、愛せるような国になってもらいたいものです。
とにもかくにも、教えている中学生はどうにか合格していただきたい。

今週は、神奈川県の高校入試、前期、推薦入試があります。
それで半分は合格、あとの半分は二月の学力テストで入学を決めるというわけなのです。
発表は二月の1日、私は競馬の騎手(騎手ならムチで叱咤激励しています)ほどではないのですが、
その馬に賭けている観覧者のようなつもりで?応援しています。
自分の教えた馬さんが、合格すると嬉しいものです。
去年の秋は、3年も教えた大学受験生が二人、希望の大学に推薦で合格し、本当に嬉しかったですから。
 今日は二人の生徒に面接の練習をしました。
練習だというのに緊張するのですから、中学生くらいだとまだまだ心はピュアなんだなあ、と年輪がバームクーヘンのような自分と比べて思いました。

数学とファンヒーター [受験]

 先ほど、テレビで京大と東大の天才競争で東大の医学部生が結局勝っていた。
すごく複雑な数式を操っているようだったが、私も最近、数学をやっている?!
 中学三年の受験生に頼まれて、専門は英語なのに、国語も社会も理科も数学も、となっているのだ。
トホホと思いながらも、「14時間でわかる中学三年間の数学」とやらの本を買って、参照しながら、教えている。
といっても、一緒に考えながら思い出している、といったほうが正確だ。
 大学の文学部に入ってからは、数学の記憶はすっかり断捨離したはずなのに、数十年後に今更、再学習するとはお釈迦様でも知らぬ顔の反米です。

 因数分解、素因数、整数、自然数、平方根、方程式、確率、比例、三角比、など懐かしくありませんか?
一次関数、二次関数、二次方程式の為の解の公式なんぞも覚えてしまったわけですが・・・
X=マイナスBプラスマイナス ルート マイナスB二乗 プラス4AC・・・なんて、何の因果か?です。
不等式の変域となると、「14時間で・・」には載ってないので、結局、分厚い「中学数学大事典」を買ってしまいました。しかし、ブックオフですから105円なりです。

 しかも、来年はまたある学校で、教育関係の講義をすることになり、分厚い参考書が10冊もどさっと送られてきてしまいました。
これは、老化を許さない神様からの天罰か仏罰か、とまでに思えるのですが、すべて感謝して受けなくてはなりません。
せいぜい体力をつけておかなくてはの年末年始です。

 話題は変わって、ミニ温風ファンヒーターを先週、アマゾンで買いました。
トイレとお風呂の脱衣所に暖房が欲しくなり、ヤマダ電機を探しましたが、見本だけあって品切れ。
頼むと取り寄せに2週間はかかる、ということなので、あきらめて値段だけチェックしました。
温度調節できるのが3980円、できないのが2980円くらい。

アマゾンで同じのを見ると、どちらも500円くらい安くてしかも、送料は無料です。
なので、温度調節できないスイッチがオンとオフだけのを注文すると3日で届きました。
小さくて軽くてどこへでも持ち運びできて便利です。
トイレは勿論、四畳半程度なら、充分温まります。
閉鎖空間ではない場所は、いまいちですが、扉の閉まる場所ならOKです。
 夏に便利だったミニ扇風機と同じメーカー、テクノスなので、さすがとテクノスのファンになりました。
 もう一台注文しようと考えています。
下の写真のうち、左側は2400円位、温度調節ができますが、アマゾン以外からの販売なので送料が630円かかります。
右側は、温度調節はできないのですが、加熱防止、転倒オフなどはついていて2200円で送料無料です。
(私が購入したのは右側です。)


 
TEKNOS 省スペース セラミックミニファンヒーター TS-160


TEKNOS 省スペース ミニファンヒーター TS-612


女子高生のキャー感動した!とは五日市剛さんからの受け売りでした。 [受験]

 大学受験があと少しに迫っている女子高生が二人で、受かるかなあ、どうかなあ、と話していました。
通りかかった私、「受かるわよ、受かるって言わないとダメ」
「受かる受かる受かる・・・て10回言ってごらん?受かるから。
口に十の字で叶うって書くでしょう?
だから10回言うと夢が叶うのよ。」
「だけど、一回でも無理とかダメとか落ちるとかマイナス言葉を言うと、
叶うの字の下に一本マイナスを引くと、吐くってなるよね。
だからマイナス言葉は一回も言ってはいけないの。」

と五日市剛さんからの受け売りを金八先生よろしく偉そうに言うと、女子高生は
「わー、すごい、感動したー」と目を見開いてびっくりしています。
「まあね、元は金八だから」と益々偉そうなわたくし。
「朝起きたら受かる、と十回、寝る前に十回言いましょう。」
と、ついでにプラス志向をススメました。

 女子高生って反応がいいというか、感性が鋭いというか、面白いですね。

 五日市剛さんの魔法のブログをご紹介します。

 http://www.itsukaichi.jp/index.html

受験に受かる子受からない子 [受験]

 1,2,3月の受験シーズンを終えて思うこと・・・
長年高校生らをみつづけてきて、
大学受験に受かるタイプと受からないタイプを段々見分けられるようになった気がします。
それぞれの受験勉強のスタート時期がちがうということはあります。
まず高一から自覚してしっかりやっていた子は能力にあった大学さえ選べば大丈夫です。
高三の春から頑張った子もそれなりに能力にあった大学を選べば大丈夫です。
部活で高校時代を謳歌した子・・・
夏とか秋に部活引退後からのスタートでは遅いです。
高一から平日も終末もほとんど部活一色に染められて、夕方も暗くなるまで全力で
体力を使い果たして帰宅、ご飯を食べるとすぐに寝てしまう生活。
 高一で部活一色なので、
一週間の勉強時間はわずか30分といった子もいます。

高三の春から必死で勉強に切り替えて上手く行く生徒もいますが、一学期までとか
夏の引退試合まで、といなると、かなり大変です。
 受験一辺倒の三年間を過ごした生徒と、秋からのたった三ヶ月で挽回しようとしても
所詮、受験勉強は時間数の差ですから、無理なのです。
だから部活はやるな、というのも極端ですし、運動系の部活で鍛えた体力は一生の宝です。
大いに運動はしてもらいたいです。

 高校受験までは成績の良い方でランク上の高校にいるし(そこでの成績は最下位としても)
と有名大学に挑戦しようとしても、模試の判定は五段階で最低ランクになります。
 それでも自分は小中学校では頭の良いほうだったから、と有名校ばかり受験して
全滅、というケースが多いのです。

 部活にかけた三年間を四年目の浪人で勉強にかけて頑張ろうという場合はOKです。
さもなくば、ある程度、ランクが下の大学でも良いと妥協するか、ですね。

 まれに体育系の部活と勉強を両立して現役で慶応に合格した子がいました。
彼は授業時間中に集中してその時間内に勉強は覚えようとしていたそうです。
自宅でも試験前は部活が休みの一週間でがっちり勉強していました。
彼は元もと頭がいいのでしょうが、大抵の子は授業中に寝てしまっていたりが
多く、帰宅しても勉強しない子がほとんどです。

 普通に部活もほどほど文化部でお遊び程度、勉強もほどほどだった、自分の能力がどの
程度か自覚している子はそこそこの大学で喜んで進学していきます。
 自分の学力がそこそこなのに、有名大学じゃないと、とこだわってしまってほにゃらら大学じゃ
嫌だと滑り止めを受けないで全滅する子もいます。

 そういう子は、大学はブランドじゃなくて、そこで何を学ぶかなのだ、ということがわかっていないとも
いえます。
 
 浪人しても理解力や判断力がそれ以上伸びないと予想がつく場合は、ある程度の大学で妥協することも
必要ではないか、と思うこのごろです。
しかし、それは本人はわからないことが多いので、周囲の家族や教師が判断してあげることも必要ですが、
プライドがあるので、言いにくいということがあります。
なので気づかずに二浪も三浪もして・・・という子が多くなります。
 さらに大学以外にもっと進路の選択において本人が向いている世界もあるのではないか、と思考することも
必要ではないか、と思う今日このごろです。