So-net無料ブログ作成
検索選択
地球の未来 ブログトップ

木内t鶴彦さんが彗星と戦うために [地球の未来]

ようやく昨日で‘@@地獄から解放されて、今日は一休み、明日からはPCの処理だけです。
気温が低く、朝から石油ストーブをつけて、リンゴを煮たりしていますが、皆様の地方はいかがでしょうか。明日の朝が雪予想なので、気になっております。

さて、室内干しの洗濯などしていると、午前中にアマゾンから木内さんの新刊が届きました。
家事を途中でやめて読みましたが、やはり買ってよかったです。
昨日はアマゾンの本全体の中で一番の売り上げ、つまりベストセラーでした。
今日見ると、28日に入荷予定ということで売り切れ、6位くらいに下がってましたが、すごい人気です。
20年前は統計を取ると、アメリカ人の70%が前世を信じているそうでしたが、今ではアメリカも日本も90%に届いているのではないでしょうか。
でないと「君の名は」もヒットしないですよね。

そこでアマゾンへのコメントを変えました。いかに転記しますのでご覧ください。

今日アマゾンさんから届いて早速読みました。昨日は本全体の中でベストセラー一位、今日は入荷待ちとのこと。
木内さんのおかげもあって臨死体験や魂の離脱のことなど今ではほとんどの人が既知のこととなり、だから「君の名は」もヒットするのでしょう。
中国でのニアデス体験と昨年から今年にかけての体験、重病とは聞いていたのですが、どんな病気か知らずにおりました。
この本で具体的に病名まで明かされていましたので三回とも本当に重症で大変だったのだとわかりました。
特に昨年の重病は、もしかして木内さんをなきものにしたい派からの陰謀ではなんてことも想像していたので、読んで納得です。
肝臓に良いサプリドリンクがありますが、宣伝になるのでここでは割愛します。どうかお気をつけてお大事に。

東北の海岸や長崎の幽霊についてのお話も木内さんならでは見えることだと思いますが、なるほど納得です。
そういえば、前に講演会でハワイで子供たちの幽霊を見たことをお話しされていました。
あとは大体、フォーラムソラで拝聴したことと同じですが、忘れたこともあり、大事なことを再復習できました。
彗星がぶつかってきそうな2126年には必ず生まれ変わって、映画のブルース・ウィリスさんのように犠牲になることなく、主役を演じていただかなくてはならないし、その時には我々ファンもちょうど良いタイミングで生まれ変わってご協力したいと思いますので、宇宙船の船長として?よろしくお願いします。

保江邦夫先生の新刊も面白そう、ですね。



臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」 (単行本)


合気・悟り・癒しへの近道: マッハゴーグルが世界を変える


神と人をつなぐ宇宙の大法則 (理論物理学vs仏教哲学)


木内鶴彦著「臨死体験で明かされる宇宙の遺言」 [地球の未来]

木内さんの新刊「臨死体験で明かされる宇宙の遺言」がベストセラーになっています。
アマゾンのコメントを四つ転載しますのでご覧ください。
最後の四つ目が私のコメントです。
1.本屋さんに行ったら売り切れていたので、アマゾンで購入しました。前著も持っていて、冒頭の臨死体験のところは前著と重なっていたので、一瞬「買う必要がなかったかも」と思ったのですが、読み進んでいくと、新たな情報や前著で語られていなかったことが書いてあって、やっぱり買って正解でした。とくに亡霊や幽霊の正体が論理的に語られているところが説得力があって、長年の謎が解けた気がしました。

2.待望の木内さんの第二弾。首を長くして待っていました。この本の内容は、木内さんが講演会の中で話されることばかりで、ある意味録音禁止の講演会の時などはメモを取るのが追いつかず、いつも最初の20分あたりで諦めていました。
こうして講演会の内容そのものが、自分のペースで読めるのは理解がより深まり私にはありがたいです。
今回内容の難しいものもありましたが、何度か繰り返し読むうちにきっと新しい発見ができるのでは?と今から楽しみにしています。良い本をありがとうございました。

3.2年前に初めて木内鶴彦と言うお名前を知り、講演会でのお話も興味深く聞かせて頂きました。
この本を読んで講演会で話されたことが思い出されます。
木内先生が一度死亡された事は、地球を守るために必要な体験だったのですね。
意識、周波数、振動、五次元の漏斗、意識の物質化など
自分が生きている間に本当のことを知ることが出来て嬉しいです。
これから自分が進む道がわかりました。

4.昨年から今年にかけて重病になられたようで、まさか臨死や死亡体験を超えて天国へ行ってしまわれるのではと心配しておりました。
しかし、最近は講演も可能になり、この本まで書いてくださり、見事な復活、おめでとうございます。
遺言なんて言わないで、あと数十年は生きて地球を救うリーダーとなっていただきたい。
とはいうものの、彗星がぶつかってきそうな2126年には必ず生まれ変わって、映画ブルースウィリスさんの主役を犠牲になることなく、演じていただかなくてはならないし、何かと大変と思います。
その時には我々ファンもちょうど良いタイミングで生まれ変わってご協力したいと思いますので、よろしくお願いします。


臨死体験で明かされる宇宙の「遺言」 (単行本)


木内鶴彦さんハワイ講演会 [地球の未来]

youtube で木内さんの講演を検索し、最近のを発見しました。
2015年一月とあります。
ただ録音が悪くて音が聞こえず、音量を最大にして聞きました。
コメントに「聞き手が・・・」とあるとおり、人類がどうなるかわからないという深刻な話しなのに終始ニコニコ嬉しそうで、お話を理解しているのかどうか不明な感じなので、音量と共に残念な感じは否めません。
しかし、木内さんの良い所はどんな場所でもどんな相手でも、誠実にわかりやすく話しをしてくれるところです。
内容は素晴らしいので頑張って聞き取りました。

臨死体験については、何度も伺ってますし、皆様ご存じと思いますので省略して、後半の未来への提言について重要だと思った点をメモしました。( )は私の注釈です。

かつてフォーラム空に参加していたときにも講演で何度も繰り返し仰っていたことと重なるのですが、また
改めて聞くと理解が深まりました。

人類の将来への選択肢は二つあります。
「今の状態が続くと、地球環境の破壊が進み、人類が破滅することはないが、原始時代に戻るようなことに
なりそうだ。(木村秋則さんの予想と一致)

もし、人類の意識が変化して、金儲けが目的ではない社会、地球環境を整える為に人類はあると気づいて、一人一人がその為に努力するようになれば、社会は良い方向へ進む。
そのどちらかの選択の過程にある。」と木内さんは述べてます。

今までの講演や著書の中でも、臨死体験で彼が中高年になって砂漠のような場所に呆然としている未来が97%で緑豊かな草原で孫と楽しそうにしている未来が3%の薄さで見えた、その薄さをもっと濃くできるのは
我々次第だと何度も述べています。

まず、今のお金が中心の世界は間違っていること、現在の経済として、
昔、一グラムのキンの値段が千円だったのが、お札を刷りすぎているので、グラム4千円になっています。
アメリカでは、昔、グラム10ドルだったのが今は七倍の70ドルだそうです。

それで恐らく国はキンの価値を紙幣と同じく戻そうとして、新札を発行し、今の4千円と新札の千円を交換しようとする。
(もう30年も前に宮沢喜一元総理は、日本の借金を無くすには新円切り替えしかない、と述べていました)
アメリカでは、70ドルと新10ドルを交換するかもしれません。
そうしないと、例えばアルゼンチンのように、パン一つが一万円なんてことになってしまうからです。
(今も物価はじわじわと上がっています)

(しかし新札切り替えになると、せっかく貯金した400万円が100万円になってしまうのは国民です。)
国民は食料が買えなくなり、泥棒や強盗が増えます。
(今も畑の果物野菜泥棒とか、倉庫の米、食料泥棒が増加しています)

(特に輸入食品に頼っている日本などは)食料が激減して、自給自足ができる人だけが生き残るような
戦争中のようなことになりそうです。

 知人の国際的なビジネスマンは、貯金の一億円?を日本円ではなく、世界各国に分散して貯金しています。資源の多い国、食糧自給率の高い五カ国の通貨に貯金しているそうです。

振り返って私の場合は、貯金などなくて借金だけなので、借金が半減するのは嬉しいことです。
しかし、年金や社会保障など無くなりそうなので、一生働く必要がありそうです。(トホホ)

若い人の場合は、日本だけではなく、海外へ行っても通用できそうな技術があるといいですね。
或いは今から田畑を確保して、自給自足の準備をしておくこと、いざとなってから米を作ろうと思っても
半年か一年はかかりますから、その間に餓死してはいけないので、できるだけ早く米作りを始めたほうが
良さそうです。
木村秋則さんが、今一生懸命に無農薬無肥料の農業を広めているのは、彼も同じ予想をしているからではないかと思います。

放射能に関して、木内鶴彦さんは、福島だけじゃなくて、日本中、世界中で放射能は漏れている、なので
その影響は世界どこでもあるらしいです。

昔、我が祖父は現金中心主義で、あとは東北電力などの堅い株を少し持っているだけでしたが、
時間の流れのインフレには勝てず、現金資産は20年くらいで消滅してしまいました。
お金が沢山あった頃に、いわき市平堂の前という、今の市役所近くの土地を安く買わないかと提案した友人がいたそうですが、そんな野原なんか、と断ったそうです。
その頃に買っておけば、市役所が建設された頃には大きな資産だったのに、と母はちょっと後悔したそうです。
なので、資産分割は大事なことなのですね。

株については、ニューヨークでベストセラーだった株の本を20年ほど前に読みました。
日本では発売されていません。
その内容を要約しますと、株は自分で一つずつ選んで長期に持てば良い、時代の流れとインフレに
勝ってきたのは、株だけだ、というのです。
証券会社の勧めるセット商品ではなく、自分の好みを一つずつ買う方式です。
10年20年と堅い株を持てば、必ず時代の激動に勝って、値上がりしている、というのです。
短期では損する場合が多いのですが、成る程です。
ただ、この本は証券会社を敵に回すような内容なので、日本では発売されなかったのかもしれません。

「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み


死んでる場合じゃないよ あの世飛行士[予約フライト篇]


地球に生まれたあなたが今すぐしなくてはならないこと


人類の終末 [地球の未来]

今日、3年前に書いた「人類の終わりはいつ?」という記事に追記したことを掲載させていただきます。

「さて、先日テレビでマヤ歴の訂正ということを放映していました。
実はマヤ歴の終わりは2012年12月22日ではなくて、うるう年を数えるから実は2015年だというのです。
2015年に人類は終了するのでしょうか。
あと2年しかありません。本当でしょうか?
オリンピック東京招致も、老後の年金の心配もいらなくなります。TPPも関係ありません。
仕事に行く必要もなくなります。学校や塾に行く必要もありません。

ではどうやって人類は終わるのでしょうか。
地震で原発があと二基爆発する?富士山が噴火して近くの原発が壊れる?
隕石が落下して地球が暗黒時代になる?
いろんな可能性が考えられますが、皆様はいかが想像されますか?

ただ疑問なのは、おそらく終末の時期をご存じの木村秋則氏が、せっせと自然農法を教えていることです。
種をまいて耕して、育てて収穫する、熱心に全国で講演したり、北海道で農学校を開催したりしています。
あと2年なら、いくら種まきしても無駄な気がするのですがね。
あと何年とわかったら、私なら、怠け者ですから、もうさっさと今までの貯金をはたいて遊びほうけます。
貯金がなかったら、借金をして使いまくります。だって返す必要がないのですからね。
ランチバイキングや食べ放題、飲み放題、終末よりも先に糖尿病になるって?
そしたら、豪華クルーザーで水泳したり、ヨガをしたり、ダンスをしたりして遊ぶわよ。

でも真面目な木村さんは、時間を惜しむように、せっせと農業を広めているのです。
なんで?
はっとしました。
あと何年かで人類はほとんど消滅するけれど、少数の人々が生き残ったとしたら、破滅した地球の上で
リセットされて原始時代からやり直すとしたら、農業しかない、のです。

コンビニもすきやの牛丼もマックも消えてしまうとしたら、私たちは一人一人が農業を始めないと餓死してしまうのです。
そうか、だからだー、と思いました。

最初、時間がない、と言いながら自然農法を広めている木村さんを拝見して、なんだ、そんなのんびりしたことをやっているのなら、まだまだ人類は大丈夫だよ、と思っていました。

ところが最近気がついたのは、そうです、一人一人が生き残る道を知らないと生きていけないぞ、と
警告しているのだということです。

地球全体が焼け野原になって、お金になんの価値もなくなったとき、必要なのは食べ物です。
まじで、2015年、あるいはその近辺の年が危ないのかもしれません。
とりあえず、農地を確保した人が生き残れるのかもしれません。
ただ、隕石も落ちてこない、原発の近くではない、安全な土地はどこかは誰もわからないのですが。

木内鶴彦さんエイトスターでの講演会まとめ、 [地球の未来]

 遅くなりましたが、ようやくご報告ができます。10月6日の夜6時半からでした。
木内さんの講演の要旨をまとめたいと思います。
 これからお金が万能の社会が崩壊します。人類が選ぶ道は二つに一つ。
原始的生活に戻るか、地球再生を目指して、生態系のバランスを取り、お金のいらない生活を
目指すこと。

 昨年の中国での臨死どころか死亡体験について、
冠動脈が破裂し、中で出血しましたが、運良く胃に穴が開いていたので、そこへ血液が流入し、
体内への流入は防げたそうです。
しかし、20分間の心配停止で5千CCの輸血、
大学病院でやっと血管をつなぐ手術をしてもらって、
この患者は危ないから早く日本へ帰そうと言われていたところ
再び、破裂して大出血、8千CCの輸血をしてもらったそうです。
木内さんはA型ですが、中国はたいていの人がO型なので探すのに苦労したとか。
手術中の医師の会話が良くわかったそうですが、後で聞いてみると日本語ではなく中国語
会話していたそうです。
霊になると外国語もわかってしまうようです。

 今回の原発事故については、
地中の物は古代の地球の物だから掘り出して使ってはいけない。
使うと古代に戻ってしまう。地球を元に戻してしまうから。
石油、石炭、ウランなどは地球を古代へ、元に戻してしまう役割を負っている。

地球では、実は植物のほうが動物よりも偉い。
植物は生えていて、周囲の動物がそれを助ける役目を持っている。
人の役目も勿論、地球の循環を整える事である。
人は互いに助け合う愛の世界を作らなくてはならない。
日本が実は最後の理想郷である。
しかし、今起きているメルトダウンは、地下で大爆発を起こす可能性がある。
(そういえば、いわきを震源とした地震が9-10月には良く起きていたが、
あれも小爆発?)
メルトダウンはマグマまで行かないと止まらない。
 放射能への対策としては、水耕栽培がある。
ソーラーパネルは、作るのに80%のエネルギーを使うので省エネにならないそうです。
 木内さんは、太陽光のゴミ処理システムの特許をとり、昨年は東久邇宮文化褒賞を受賞されました。

 未来のことについては、2126年8月14日に彗星が地球に向かってやってきます。
天文学的に実証される確かなことで、その対策に、地球上のすべての核ミサイルを集めてぶつけ
彗星の軌道を変更する試みが今からされているそうです。
 宇宙ステーションもそのためのもので、映画ディープインパクトはそれについて作られ、
ブルース・ウィルス演じるヒーローのモデルは木内さんだとか。

木内さんは、その時、生まれ変わっていて、彗星をそらせる対策を講じる隊長になるのかもしれません。
その時代に生まれていたいということでした。

 最後に一人一人の人の役目とは?
 自分探しとは、人それぞれの特長を生かすこと、人によって違うが、それはどういうことかというと
その人が三度の飯よりも好きなこと、ストレス解消になること、そしてそれをすることによって
世の中の役に立つこと、だそうです。
 あと、半年で世界が滅亡するとしても、今していることを続ける、と言える人は幸いですね。
いや、別のことをしたい、というならば、それをして暮らせる方法を早めに探したほうが良さそうです。


日本と福島の将来は?占ってみました [地球の未来]

 前回はだいぶ悲観的なことを書きましたが、いったい全体どうなるのか、どうすべきなのか、を昨日コインで
占ってみました。
 「言葉少なく黙々として努力しましょう。
光景として、地中に山があります。母なる大地は、作物を生産し、人をその上に住まわせてくれますが、
その地中に山が置かれている場合、そこに人は住めず、農作物の実りも望めません。
問題は地中の山がどんな山かです。
土地が昔の墓所だったりすると、地中の山は死体を意味します。
そのようなときは、万難を排して移転しなくてはなりません
重要なことは、土を清めることです
土(腹)の中を清めることから運が開けます。」
そして、
謙遜の美徳を認められ、事を成就する

以上のような卦が出て、虎の巻をそのまま写しました。

最重要なことは、土を清めよ、ということです。
今夜、テレビのWBSで、福島のゼオライトが放射能のセシウムを除去して土を浄化する、ということを放送していました。
まさにズバリでした。
ここ数日、体調がいいので、ゼオライトを飲むのを忘れていた私は、あわててゼオライトサプリ(粉状)を水に溶かして飲んだところです。

 福島に始まって、日本は崩壊、おだぶつかと思っておりました。
そのときは、海外へ避難しなくては、という気がしていましたが、「事を成就する」ということですので、
迷走日本ですが、運良く、助かりそうですね。
良かった、良かった、
テレビのコメンテーターは、福島原発の除染のゼオライトが福島産とは天の配剤ですね、と述べていました。

 海江田氏は泣いちゃうし、副大臣は不倫をカメラで撮られてしまうし、空き缶総理はもたもたするし、で
もうダメか、て感じですが、政治家や東電、官僚にとっては、悪運強く、助かるわけです。
しかし、東電と政府の不始末を結局は、増税で国民に押しつけるなんてのは、またしても国民の悲劇なわけで、
そのうち、226事件が起きてしまうのでは、なんて予想してしまいます。


 
『ゼトックス』スプレー 今、話題のゼオライトをナノ粒子化し、使いやすいスプレータイプにしました! 原材料はすべて天然国産!


ゼオラクス ゼオミスト 300ml


リパーフェスリム


人工地震~HAARP説 [地球の未来]

 やはり、ネット上で飛び交っている情報は、人工地震説である。
福島県など、何万年もの固い岩盤で地震が起きる可能性が最も少ないと言われていた。
だから、内陸は大丈夫だが、海からの地震には海岸方面が耐えられない。
しかも、原発は海岸に建っている。
 日本はほとんど海岸沿いに原発が55基も建っているので、いっぺん地震が来たら、どこでも危ない。

 最も危惧していたことが起きてしまい、原発の爆発映像が真っ白い煙を出して繰り返し流れた。

 人工地震を起こすのはほとんど海からである。
ハイチ、この前のNZも海からの人工地震説が流れている。

もし、日本を崩壊させて、どこかの国が占領しようとしているなら、最近起きているいろいろな出来事もその
一環かと思える。
 宮崎の牛、口蹄疫騒動、新燃岳爆発(これも人工か)、そして今度の最大級の東北巨大地震である。
 東北の漁業関係者には、多大どころか壊滅的な損害を与えた。
 三陸沖の牡蠣、ワカメ、魚など港も流され、町も壊滅してしまい、これからどうなるのだろう。
 
 テレビで避難している人々のお顔を拝見すると、どの人も素朴で真面目に生きている人々ばかりである。
 こういう人々に悲惨な思いをさせて、更に多大な死亡者を出すとは、もしこれが人工地震だとしたら、悪魔に荷担した人間たちの仕業だ。
 死は突然の出来事で、生きて怪我や病気をしているよりも苦痛を伴わない状態ではあるが、若い人も高齢の人もいきなりの死に自分自身で驚いていることだと思う。
しかも、集団での死なので、たくさんの霊が海岸に浮遊している。
これからの天国での素敵な暮らし、そして素晴らしい来世がありますことを信じております。

 ベンジャミン・フルフォード氏の情報です。

 「ペンタゴンやCIA等からの情報によると、本日の日本への地震兵器による攻撃はパパブッシュなどナチ一派によるものだそうだ。同盟国であるはずのアメリカやペンタゴンへ要請する:戦車や兵士を使ってナチ一派の地下基地を攻撃してください。彼らの次の標的は米国西南部にあるニューマドリード地震地帯(New Madrid fault line)である。

彼らの地震兵器基地はニューメキシコ州とネバタ州にある。ペンタゴンの正規軍であれば場所がわかるはずなので、その基地を抑えるべきだ。

今回の日本への地震攻撃は40億人殺戮キャンペーンの始まりに過ぎないだろう。」

 原発事故への対応策としては風に乗って雲が流れてきますので、放射能の被害がないように、昆布を食べること、ヨードなどを取り入れることなどがお勧めのようです。花粉対策と同様に、外で素肌をさらさないことも重要のようです。


地球の未来 ブログトップ