So-net無料ブログ作成

世界的建築家坂茂氏の木造仮設住宅が完成 [災害]

th[2].jpgth[7].jpg昨年の産経ニュースから転載させていただきます・・・
世界的な建築家として知られる坂茂氏(59)らが手掛けた木造仮設住宅が熊本県御船町に完成し、報道陣に公開された。2日から入居が始まる。坂氏は「仮設住宅でも住み心地がよくなるように改善する活動を続けたい」と述べた。 
 坂氏は平成7年の阪神大震災以降、被災地で活用される建築に力を入れてきた。紙管やコンテナを利用した仮設住宅や、プライバシーのない避難所用に、間仕切りシステムを開発した。こうした点も評価され26年、「建築界のノーベル賞」と称される「プリツカー建築賞」を受けた。
 熊本地震に際しても「避難所生活を少しでも快適にしてほしい」と、熊本県内40カ所の避難所に、計2千セットの間仕切りを無償提供した。
 さらに、県が一部の仮設住宅を木造とする方針を打ち出したことを受け、坂氏が設計を手掛ける仮設住宅プロジェクトが進行した。御船町小坂の竹やぶだった空き地2カ所に、木造仮設住宅3棟10戸が完成した。
 仮設住宅は2DK(約30平方メートル)7戸と、3K(約40平方メートル)3戸。天井が2・4~2・7メートルと高く、部屋と部屋の間に、収納空間を配した。
 柱や壁には、工場で作った木のフレームと合板を組み合わせた木質パネルを使用する。現場での工期は約1カ月足らずという。
 坂氏が主宰するNPO法人「ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク(VAN)」(東京)の原野泰典事務局長は「十分な遮音性能を確保した。また、木質パネルを使う仕組みは安価で、多様なオーダーにも対応できる。坂建築の真骨頂が発揮された」と解説した。
 坂氏らは今後も、慶応大や熊本大と共同で、建築からの被災者支援を続ける方針という。坂氏は「予算や広さには制約があるが、住環境のグレードアップは欠かせない。仮設住宅を住みやすく改善する努力を続けたい」と述べた。(谷田智恒)
坂氏曰く「先日の宮中晩餐会(ばんさんかい)で、オバマ米大統領が僕に「あなたの建築のファンです。私は昔、建築家になりたかったんです」とおっしゃったので、「まだ手遅れではないですよ」と申し上げました。政治家はいろんな人の利害関係を調整し指揮する立場。その意味では建築家と似ていますね。そういえば第3代米大統領、トーマス・ジェファソンは建築家でした。」
nice!(0)  コメント(0) 

テロかと思った火災 [災害]

先週のこと、午前10時半ごろに大磯方面から平塚の北東方面へと車で向かってました。
空は晴れ、白い雲があちこちに浮かんでましたが、北東方面だけ一か所黒い雲が浮かんでいます。
車を走らせながら、あれれ、変だなと良く見ると雲は下のほうから黒煙が流れ出ていて上空に黒い煙がたまっているのが雲のように見えていたのです。
ようやく火事ではないか、と思って見ると、どうやら、平塚の田村か寒川方面に見えます。
田村まで行って聞けば、なんと寒川でもなく、平塚から20キロも離れた綾瀬市の工場の火災だというではありませんか。
平塚でも焦げ臭くて、間近に見えるのですから、相当大きな火災でした。
4,5時間も燃え続けて、夕方にはようやく鎮火しましたが、夕方から夜にかけては相模平野一帯に黒い雲が灰色の汚染空気となって広がり、大磯のほうまで焦げ臭さが残っていました。
翌日は雨だったので、臭気はどうやら消えましたが、ニュースで見ると、積載された電化製品が燃えたというので、いろんな化学物質が燃えて空気が汚染されたようでした。

人質事件によって、日本もテロの標的にする、と言われたさなかでしたから、これもテロかと驚いた出来事でした。

 平塚から撮った写真を掲載します。

150129_104904.jpg150129_104818.jpg

八木蛇落地悪谷ーやぎじゃらくじあしだに [災害]

広島の土砂災害は大変なことでした。
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

阿修羅の記事で注目したのは、被害が多かった八木地区の昔の地名です。
以下は引用です。・・・・
平野孝太郎さん(71)は「昔は蛇が降るような水害が多かったので、悪い谷・悪谷

名がついたそうです。
八木蛇落地悪谷=やぎじゃらくじあしだに=が八木上楽地芦谷と改名され、
さらにいまは八木だけが残ったようです」という。
名前が変わるうちに「土砂崩れ」の教訓も忘れ去られたらしい。

130年つづく浄楽寺の住職によると、竜がいて、その首をはねたところから「蛇落地」と
ついたという。
「竜は水の神で、水害を収めたということかもしれません。
記録にはないが、語り継がれてきました」
近くの光廣神社に残る絵には、竜を討伐した武将のかたわらを激流が走る。
こうした伝えは水害への警戒を促すと解釈できる。」

昔の地名をやたらに新しいハイカラな地名に変更することが全国的にはやった時期が
ありました。
しかし、昔の地名というのは意味がないわけではなく、重要な教訓を含んでいるのだ、と
わかりますから、やたらに変えないほうがいいのでは、と思いました。

前は良くベンジャミン氏の講演会に行ったり、本を読んだりしていましたが、
最近はyoutubeに妙な宗教みたいな映像が出てきたり、なんかヘンテコになったようで、
新刊本も読まないで遠ざかっておりました。
ところが久々に出た新刊本は、彼の総集編、まともになった、と評判でベストセラーの
ようです。



ファイナル・ウォー  アメリカが目論む最後の「日本収奪計画」