So-net無料ブログ作成

霊能者 ローラ・リン・ジャクソン [霊界]

今、図書館から借りて読んでいる本、「魂の呼び声に耳をすまして」が非常に興味深くて面白い。
ローラさんは、先日、テレビに出ていたので知ったわけなのですが、彼女の生まれてから今までを詳しく書いているので、さらっとは読み飛ばせず、私としては珍しく時間がかかっております。
彼女は7歳の頃に祖父の死を予感して、プール遊びを中断して必死で会いに行ったり、オーラが見えたり、予知したり死者の霊とも対話できました。また人の感情を受けやすく、親と行ったスーパーのレジでレジの女性の非常な悲しみの感情を受けてしまったこともありました。
英語ではサイキックという霊能者に対して、科学的に分析したり、五人の人を続けて霊視させて本当に当たるかどうかテストし、認定する制度についても詳細に紹介し、そのテストにもちろん合格します。
高校生の頃からの恋愛体験も詳細に書いていて、同棲しても、何か違うと別れたり、最後に友人から紹介された男性と短期間で結婚する経過も事細かく書いています。
 見えるということについて、子供の頃は悩み、母親に打ち明けると、なんと祖母がドイツのババリア地方の霊能者だった、母も叔母も霊能力があると聞かされ、ほっとする。
しかしまだ悩みと劣等感を持っていたが大学で友人に相談するとリタニー・ジョーンズというサイキックを教えられて会いに行く。そこで、リタニーに霊能力は決して卑下するものではなくて素晴らしい能力なのだと励まされ、それが自信を持つ転機となります。
リタニーは、Develop your psychic abilities という本を書いているというのですが日本語訳はないので、早速キンドルに英語版をダウンロードしました。ローラの本もまだ途中なので、読み終えたらリタニーの本を読もうと楽しみ。
ところがある時、家から60キロという近くで起きた飛行機事故で230人が亡くなるということが起き、その人々の恐怖や悲劇の感情を受けてしまって恐ろしくなり、それからもう霊能力を拒否し、霊視は一切やめるのです。
その後普通の人として過ごし、オクスフォードにも留学し、優秀な成績で英語の教師の仕事に就きます。
結婚後、子供が生まれると、光とエネルギーに満ち溢れ、自分の使命に気づいて霊視を再開するのですが・・・
 ローラは霊視するといっても言葉や文字が浮かぶ場合もあり、映像が出てきて、動画のように見えたり、、へえ、なるほどなあ、とこれまでの霊能者が明かさなかったようなことまで詳しく述べています。
 私自身も、以前は前世を見るときに、言葉が浮かんでくる場合がありました。
例えば、対面して目を閉じるとニュージーランド、という言葉が映画のタイトルか字幕のように浮かんでくるので、それで
前世はニュージーランド、ついでにバラの花に囲まれたイギリスのような家がみえるので、そこが前世の家かなと推測します。
映画の場面のような写真が映るときもあり、例えば、イタリアのような石畳に噴水が見えて、そこで
踊っている彼女が見えたりしました。あるときは、アジアの森の中で暗い小屋に閉じ込められたような絵が見える場合もあります。西洋の石造りの家のベッドで死ぬ場面も浮かびました。
 最近は開店休業なのですが、ローラの本を読んでいて、そうか、なるほど、その能力を伸ばせばいいのかとわかってきた次第です。
ちなみに、そういう能力は誰にでもあって、それを伸ばすかどうかは本人次第だそうです。


魂の呼び声に耳をすまして――奇跡の霊能者のメッセージ


魂でもいいから、そばにいて ─3・11後の霊体験を聞く─


nice!(0)  コメント(0) 

幽霊の姿 [霊界]

170909_160237.jpg 土曜日の深夜、早く寝なくてはと思いつつ、つい夜更かししていたら、東京のブルーノートでのジャズオーケストラ演奏を聴くことができてラッキーでした。
小野リサさんのボサノバなども聞けました。ついでに二時まで起きております。
 数日前に、横浜の病院で勤務している看護師さんと介護士さんにお話を聞く機会がありました。
幽霊の話になり、病院て、やはり幽霊が多いんですか、と聞くと
「そうねえ、そういう話はいっぱいあるわ。
例えば、誰もいない部屋からナースコールが来るとか。
前日に亡くなって誰もいない部屋なのに、朝に、そのおばあちゃんがベッドに座っていたとか。」
「へえ、そうなんですか。私なんか見えないんですが、幽霊てどんな姿なんでしょう。」
「あのね、まったくリアルで普通の人と同じよ。」
「え、透き通っているとか、ぼんやりかすんでいるとかじゃないんですか?」
「いいえ、普通に見える人と同じみたい。」
「へえ、足がないとかじゃないんですね。」
「そうよ。」
前々から、霊能がある音楽の先生とか、サックスの奏者で山伏の人とか、旭太郎さんとか、霊が見える人には何回か話を聞いたことがあるのですが、その姿がどうなのかまでは聞いたことがなくて、初めて確認できた幽霊の姿でした。
リアルということを聞いてみると、なるほどそうなのか、と思います。
じゃあ、普通に対面した相手も、町の雑踏を歩く人の中には幽霊さんが何人かいるかもしれないのですね。電車の中や渋谷の交差点にもいるかもしれないのです。
ということは、見えない見えないと主張する私なども生きている人と思いつつも実際は幽霊さんを見ているのかもしれません。おお、こわ!
 それどころか、五回も臨死体験をしたという小林健さんが幽霊ではないという確証はなく?
何度も死にかけた私も、どこかの場面では死んでいて、今の世界はいくつか乗り越えたパラレルワールドのどれかにいるのかもしれず、いやはや。
 ちょうど、昨日、テレビで「シックスセンス」を見て、ああ、これは「パッセンジャーズ」と同じシナリオ構成だわと思ったばかりです。
 パイロットの人に聞いた話でも、スチュワーデスさんも機内で幽霊を見ることがある、人数が搭乗者よりも多かったり、空席のはずのところに人がいたりするらしいのです。
意外と身近なのですね。
 小林健さんも、霊界は現実界のすぐそば、遠くにあるのではないと書いてましたので、そうかもしれません。
 


 
nice!(0)  コメント(0) 

映画ばかり見ていました [霊界]

 来週からは仕事が忙しくなりますが、仕事が半減した夏休みは結構時間がありました。
なので昼寝ばかりして、夜になると眠れないので午前3時から5時までの刑事コロンボを三日連続で見てしまった日々もありました。
何しろ、生まれて初めての水虫とやらになってしまい、市販の薬でも皮膚科の薬でもなかなか治らないし、右足のかかとをどこかにぶつけて、たぶん鉄パイプのベッドの角あたり、痛いので靴がはけずサンダルばきで外出する気にもなれなくて、更に暑さもあって家の中に閉じこもっていたのです。
 ついに暇な日に、徒歩五分のゲオまで行って映画を五本借りてきました。
その中の三本は正解でしたが、残りの二本はつまらなくて初めの10分で取り出してしまいました。
いくら100円の旧作映画としても、無駄はあるものです。で、3本のご紹介です。
 まず、「コーリング」(原題はトンボ=Dragonfly)はケビン・コスナー主演の霊界感動ものです。前にもおすすめと書いたかもしれませんが、もう3回は見ています。
夫婦で医師、妻は妊娠中なのに国際ボランティア活動で南米の奥地へ。
バスで崖っぷちの道路を走っていたところ、そのバスは転落して下の川に落ちて全員死亡します。
そこから、残された夫の周囲には不思議なことが起きて木内鶴彦さんの実体験のような話が展開します。小児科病棟の子供が臨死体験をしてベッドの上に浮かび、みんなを見ていたと話したり、あの世に行って、死んだ妻と会ったと話したり。
夫が妻にプレゼントしたガラスの置物がひとりでに転がったり、妻が好きだったトンボが窓の外に乱舞したり、そして、気づいたケビンは南米に向かいます・・・
 もう一つは「地中海殺人事件」、探偵ポワロはやはりピーター・ユスチノフが一番だと思います。
最初の古い映画なので、なんといってもヨーロッパの貴族の香りがなつかしい感じ。
 三本目は「赤毛のアン続編、アンの結婚」すっかり忘れてしまったアンの物語、映画としては波乱万丈、退屈しないで面白い。第一次世界大戦に巻き込まれ、新婚早々、夫のギルバートを戦場に送り出し、アン自らも従軍看護師として戦地に向かった、孤児を引き取ったりして、結果として故郷に戻るのですが、こんなに事件があったかしら、ともう一度、アンの結婚あたりを読み返さないとと思った次第です。

 


コーリング [DVD]


地中海殺人事件 デジタル・リマスター版 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]


MGM HollyWood Classics 死海殺人事件 [DVD]


赤毛のアン アンの結婚 [DVD]


nice!(1)  コメント(0)