So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

是枝監督の「歩いても歩いても」 [映画]

夏のある日、良多(阿部寛)は妻と息子を連れて実家を訪れる。(赤い京急線沿線の古い家)
時を同じくして姉の一家も帰省し、横山家には久しぶりに笑い声が響くが…。
その家の老夫婦は小さな医院を引退した夫、原田芳雄、その妻、樹々キリン。
YOUが母と一緒に台所で料理をする場面から始まる映画は、和気あいあいとして
仲の良い家族に見えるが、
その日は実は長男の命日だった。長男は海で溺れた子を助けて自分が死んだ。
老医師は、長男も次男も医師にならなかったことが悔しい。
しかし、妻の樹々キリンも、内心のわだかまりをずっと胸に秘めていた。
次男の阿部寛は医院の跡継ぎをしなかったばかりか、芸術品の修復師をしていて仕事があまりない。
彼が連れてきた息子は実は、妻(夏川結衣)の連れ子である。
見た人の感想(アマゾンより)を抜粋・・・
「トラン・アン・ユン監督の「夏至」を思い出しました。
三人の孫達がピンクの花に手を伸ばす手だけのシーン、母娘で料理をする時の手元のシーン、などなど……映像が美しいです。
平凡に見える日常には、なんと沢山の秘密や毒が潜んでいることか、と あらためて実感。」
 幸せ過ぎず、不幸過ぎない普通の家族・・どの家族にも何らかの闇、心の傷がある、
見終わってから、どこの家でも夏には見られる普通の風景、
人生様々だが、生きて共に暮らすということが幸せなのかもしれないと思った映画でした。


歩いても歩いても [DVD]


nice!(1)  コメント(0) 

リアル「万引き家族」 [映画]

一昨日の晩、「家、ついていっていいですか」を見ていたら、万引き家族と同じような血縁のない家族の家が見られた。下町の銭湯で回数券をあげますから家を見せてください、というと70代の男性がいいよ、とアパートまで案内してくれた。彼と義理の娘、娘の元彼、友人の女の子、皆、血縁がないが狭い二間の部屋で仲良く暮らしている。万引きをしているわけではなく、娘と元カレは知的障害、女の子は心的障害があり、施設を出ても行く場所がなかった。義父は病気があり働けないので生活保護で暮らしている。しかし、実の家族のように仲良く、病気の時は看病しあい、人情がある。義父と彼は釣りが趣味で釣ってきた大きな魚を娘が料理して食べたりしている。部屋の中はまさに映画の中と同じ狭さと混雑。映画でも寓話でもなく、実話。偶然の一致に驚く。是枝監督は、実は現代のドキュメンタリーを描いたのかもしれない。

歩いても歩いても [DVD]


nice!(0)  コメント(0) 

万引き家族を見て [映画]

雨の日は映画が最善、と見てきました。暗い場面、心ふさがる辛い現実、映画評論家の清水節氏のコメントが言いえてます。
「目を背けていた、この国の犠牲者達の素顔を看破する、切ない寓話
ささやかな年金、下りない労災、貧しさのワークシェア…根底にあるのは政治への強い怒り。万引きという最終手段は、弱者を切り捨てた社会への抵抗である」・・・更にJKビジネス、幼児虐待、・・・

それもこれも、日本の政府が世界各国に何千億円、何兆円とばらまいた結果、国内の貧困が進み、こういう現実がある、ということ。
是枝監督は、日本の極貧を世界に晒すというか暴露することで、もう日本は金がないんだから奪わないで、と訴えたかったのかもしれません。

トランプ氏は米朝会談の結果、北朝鮮の核廃棄作業の費用を(20兆円~)を日本に払え、と要求したそうですが、外相は断りました。
ところが安倍総理は、はいはい、親分様のおっしゃるとおりでごぜえます、と喜んで答えたそうで。
いやはや・・・

180613_163605.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

映画ノウイング knowing [映画]

2009年の映画ですが、2011年の日本の大災害を予言したとも言われています。
数字の国番号が日本だというのですが、はたして?
今夜9時からBSのTBSで上映しますので、お時間のある方は是非ご覧ください
(^^)


ノウイング プレミアム・エディション [DVD]


ノウイング DVD


nice!(0)  コメント(0) 

[君の名は]と彗星 [映画]

 テレビ朝日のお年玉企画だそうで、初めて見ました。意外に面白かったです。
昨年は受験校のアンケートで、一年生の7割が見ていた、夏休みまでには8割が見ていたほどの人気
、自分ら高校生が主人公となるとよけい面白いのでしょうね。
 隕石が落ちてくるのを入れ替わりの遺伝的特技を持つ少女と少年が時間を超えて時々入れ替わる。
代々の神社の家の娘ということで神様が指名して使命?を与えたのかもしれません。
 数年後の少年とシンクロしているので、少年は隕石が落ちて少女の村が全滅していることを知り、
過去に戻って村を助けねばと奔走した。
その結果、少女も村を救うために村の中を駆け回り,滅亡の危機を救うわけです。
 体が入れ替わった少年と少女は互いに好意を持つのですが、恋愛するかどうかは今後のお楽しみというところで終わります。
 テーマは彗星が割れてくる隕石がぶつかる村を救うというのですが、この新海監督は彗星探索家の木内鶴彦さんと同じ佐久市の小海町出身なので、たぶん、大いに木内さんの本や講演の影響を受けていらっしゃるかな、と思いました。木内さんは佐久市の天文台で少年少女や一般の人と星を見る会を開いてますので、そのころ少年だった新海監督もその中にいたかもしれません。
実際に木内さんは、2126年8月にスイフトタットル彗星が地球に向かってぶつかってくると天文学的計算の上、予告しています。
そのため、アメリカは宇宙ステーションを作り、交代で見張っているらしく、ハルマゲドンなどの
映画も木内さんがモデルになっているらしいのです。
しかも、スイフトタットル彗星は木内さんが再発見したもので、その功績で小惑星に木内さんの名前がつけられたほどなのです。
 隕石が衝突すると、かっては恐竜が絶滅したし、地球は滅びなくとも人類が滅びるほど大変なことになりますので、世界各国が戦争をしている場合じゃなくて、一致して地球上のミサイルをまとめて
隕石にぶつけるなどしなくてはなりません。
 まあ、あと100年後は今いる人は誰も生きてはいないのですが、子孫のために各国が協力する体制を作っておきたいものですね。


「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み


(文庫)生き方は星空が教えてくれる (サンマーク文庫)


宇宙(そら)の記憶―彗星捜索家の臨死体験


nice!(0)  コメント(0) 

核ミサイル発射の恐怖「クリムゾンタイド」crimson tide [映画]

数日前にBSで面白い映画を見た。
1995年の作品だが今の世界情勢と似ている面白さ。
デンゼル・ワシントン主演の映画クリムゾンタイドは、アメリカの原子力潜水艦アラバマの中で
核ミサイルICBMを発射するかどうかで、艦長と副艦長が争うという話。
命を懸けた戦いにハラハラして、見始めるとやめられず、翌朝早いのにと思いつつ、二時間見てしまった。
アマゾンのコメントには「副艦長にとって仇役の艦長は決して悪人ではなく、軍事経験豊富な愛国心の強い武闘派である。一方、副艦長は、「核の時代、真の敵は倒せない(真の敵=核自身)」、と発言する程の「sophisticated」された理論家。経験に基づいた武闘派と理論家との間の確執は世間の至る所で見られると思うが、本作は切迫した状況と潜水艦の中という密閉状態のために、否が応でも緊迫感が高まる。全体構成も良く出来ていると思った。」とある。

現在は原潜の艦長といえども、核ミサイルのボタンを押す権限はないそうだが、今の世界のボス達は
危なっかしい人が多いので、ありえない話ではない。
デンゼル・ワシントンてこういう人だったの、かっこいい、と改めてWikipedia を調べてみた。
1954年にNY生まれ、父は牧師、母も仕事をしていて忙しく、小学校時代から放課後はボーイスカウトのような少年クラブに入って様々なスポーツをしていた。
最初に入った大学はつまらないと中退して、フォーダム大学の演劇部へ。
映画俳優となり、結婚して子供が三人、スポーツ選手や大学生になっている。
特にスキャンダルはないようで、不倫の噂もなく、良い家庭を築いているみたい。
そんな人格が映画のキャラクターにも出ていて、いかにも正義感、間違ったことが嫌いという役が似合っている。
舞台ではシェークスピアの「から騒ぎ」も主演しているし、映画は「天使の贈り物」「マルコムX」など多数でアカデミー賞も二度も受賞している。
ゲオで主演の作品を借りてみようと思った次第です。


クリムゾン・タイド [DVD]


天使の贈りもの [DVD]


スノーデン snowden 見てきました [映画]

 ぽかぽか陽気の本日、海老名まで行って映画を見てきました。
海老名駅直結のビナウォークですが、TOHOシネマズがモールの一番奥なので徒歩10分ほど。
広場では、男性タレントと女性お笑いコンビ「おかずクラブ」がイベントステージで大勢の群衆が観覧していました。あの太めのお笑いコンビがこれほど人気だとは、知りませんでした。
 映画はなかなか良かったです。
とはいえ、最初の30分は用事があったので遅刻見逃しでしたが、日本が出てくる場面はちゃんと
見られて、まあ2時間15分の長丁場を全部見るよりは能率的だったかもしれません。
 すべての情報をハッキングしているエシュロンについて、その後出てきた進化したプリズムという仕組みについて、中東の爆撃も、アメリカにいながらにしてパソコンをクリックするだけでまるでゲームのように可能な場面、・・・爆破されるのは仕組みが仕込まれている車や携帯、SIMが標的ですが、
爆破されると、周囲の人も巻き込んで殺戮します。スノーデンは悩みますが高待遇と恋人との生活が保障されているのです。
 スノーデンはその渦中の米軍組織に勤務していて日本の横田基地にも二年半いました。
その時、米軍は日本にすべての情報を把握したいと申し出ると日本が個人情報は無理と断ります。
が米軍は構わず、すべての日本の銀行、大企業、病院、施設、ダムなどに情報把握のプログラムを仕込み、もし同盟に日本が背くようなことがあれば、一触即発で破壊することができるようにしました。(同じプログラムは世界各国に同じように仕込んであるそうです)
映画では、日本列島のキラキラした夜景が一瞬で真っ暗になる場面を映しました。
(映画ではそこまで言ってませんが、別のネット情報によれば福島の原発の爆破も実は津波や地震ではなく、世界の遠くからの遠隔操作で爆破されたらしいです)
 また、facebook、you tube, yahoo, google などからの個人情報はすべて上部組織がつかんでいること。誰がどこにいて何をしているか移動はどこへかなどスマホからもつかんでいます。
ノートパソコンのカメラからはスカイプなどで通信ができるのですが、そのレンズを通して上部組織がパソコンのこちら側をのぞけること(これは聞いたことがあります)
ノートパソコンは今たいてい、カメラ付きですが、オフにしていてもそこから世界の誰かがのぞけるらしいので、カメラ付きのノートパソコンは蓋をしておいたほうがよさそうです。
 米軍はテロ対策のためというのですが、人類の支配のためのようです。
スノーデンはハワイでの地下基地勤務について、出世コースのようでしたが、良心の呵責に耐えかねてすべての地位、恋人、家族を捨てて、香港へ逃亡し、内部告発をしました。
その後は、ニュースの通りですが、今はモスクワにいて、別れたアメリカ人の恋人もモスクワに移住して一緒になれたようです。
映画の半分は恋人との別れと葛藤でしたが、今のところはハッピーエンドのようです。

 海老名の映画館、外も20度近くで上着いらずなのに暖房がきつくて汗をかきました。
後ろの席のアメリカ人(厚木基地の人か日本人の彼女と来ていた)は、半そでTシャツ一枚。
椅子の枕の部分が高すぎて背中をつけて座ると頭がこんばんは状態で画面が見えません。
200~300席が満席で前のほうの列だったので、画面は顔を上にしなくては見えなくて
しかも枕は高すぎですから、シートに浅く腰かけて上向きで見るしかなく、頭と首が疲れました。
しかも、暑くて、いい映画なのに早く終わらないかと苦しみながら見るって、どゆこと?
前に平塚の映画館へ行った時は、ダニに食われて十か所も赤い跡が残り一週間も消えなかったし、
だから、映画館て最近はきれいに見えてもなんだか嫌な場所なのです。
半年後のDVDでゆっくり見直したいです。

 
スノーデン、監視社会の恐怖を語る 独占インタビュー全記録


暴露:スノーデンが私に託したファイル


スノーデン・ショック――民主主義にひそむ監視の脅威


スノーデンの上映館 [映画]

27日から上映ということで上映館を検索してみると、少ないです。
東京も神奈川も6か所しかないのです。でもあるだけましです。
全国的にはと調べると、なんと県庁所在地で一か所上映されればよいほうで、東北は宮城と山形でしか上映されません。もし、福島の人が見たければ仙台まで行かなくてはならないとは!
これは、おそらくお上が見せたくない映画、広く国民に知らしめるとお上が困る映画なのでしょう。
であれば尚更見ておかねば、幸いにして神奈川は海老名で上映されます。
10年も前にビナウォークができたての頃に一度何かの映画を見にいって以来です。
当時はインド人が経営する美味しいカレーやさんがあり、店の人が北部はインドだって雪が降るんだよと仰っていたことを思い出します。
その後数年前に乗り換えついでに行ってみたら、もうその店はなかったのでカレーの楽しみはなくなってしまったのですが、平塚の映画館でも小田原でも上映してないので、是非とも海老名に行かねばです。

今年は変 [映画]

今年の漢字は「金」だそうですが、変、のほうが似合っているのではと思いました。
変革の変、です。
金メダルが多かったことなど忘れるほど、異常気象や異変が多かったような気がします。
ゲス不倫に始まった一月、春は舛添氏の問題、
都知事選では小池氏が当選、でもオリンピックも築地も思ったようにはいかない。
森ゼネコン派の強大な利権にはかなわないのか。
有名人のスキャンダルが止まらない。
アスカの覚せい剤、円楽の不倫、最近は若手俳優がコカイン疑惑で報道されたとたんに、芸能界を引退するといって海外へ高飛びとか。
いやはや世も末ですね。
そんな中、テレビを見るくらいしか楽しみがないのですが、
BSで土曜日に面白いのは森繁久弥の喜劇映画駅前シリーズ。
10日も、二本立て続けに見ました。
前の社長シリーズのほうが面白かったような気がします。
森繁の社長ハワイ漫遊記とか。
しかし、駅前シリーズも懐かしさ満載です。
伴淳三郎、坂本九、淡路恵子、団礼子、フランキー堺、淡島千景、三木のり平など懐かしいスターがぞくぞく出演している豪華版なのです。多くの人がすでにあの世の人ですが、画面を見ると青空、青い海が色鮮やかで美しい。空気も澄んできれいだったことが画面から伝わります。
放射能や原発もなかったのです。
昭和30年代、40年代は二度と戻らない良き時代だったのだと感慨深いです。

社長太平記 [DVD]


新東宝 森繁シリーズ 全10巻セット [DVD]


社長洋行記 正・続篇 [DVD]


地球最後の日 [映画]

メルマガの読者様から「神の鉄槌」が映画「ディープインパクト」の原作であるということを教えていただき、今まで全く知らなかったので感謝しております。そこでWikipedia で調べてみると、「本作の起源は、フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーが1933年に共著で発表したSF小説『地球最後の日』、および1951年にパラマウント映画によって製作されたその同名の映画化版(邦題は『地球最后の日』)である。1970年代の中頃、この映画のリメイク権をパラマウント映画から取得。監督ジョン・フランケンハイマー、アントニー・バージェス脚本で製作準備に入ったが作業が進まず、結局計画休止状態に陥ることとなった。

一方、彼らとは別にアーサー・C・クラークの短編SF小説『神の鉄槌』の映画化をスティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが計画していた。

これら2つの作品はいずれも地球へ迫り来る天体の恐怖を描いているため、同時期に完成すれば激しい競合を招くことになると容易に想像できた。このため2作の製作計画は最終的に統合され、製作はザナックとブラウン、監督はスピルバーグ、配給はドリームワークス・パラマウント共同というかたちで再スタートした。
しかし、監督として予定されていたスピルバーグは同じ頃『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』、『アミスタッド』、『プライベート・ライアン』とスケジュールが埋まっており、本作に時間を割くことが非常に困難であった。こうした事情から、彼は監督を辞退してエグゼクティブプロデューサー(製作総指揮)に退き、かわりにドリームワークス第一作『ピースメーカー』を監督したミミ・レダーが新たに迎え入れられた。約20年にもわたる紆余曲折を経た本作はここにきてようやく、撮影開始にこぎつけたのである。」ということがWikipediaに書いてありました。
そこでyoutube やアマゾンで「地球最後の日」と「神の鉄槌」を調べてみると確かにどちらも結末は違うのですが、似ていますので成程モチーフになったのですね。
Deep Impact が1998年公開ということを考えると、1992年に木内鶴彦さんがスイフトタットル星を130年ぶりに発見し、それが2126年8月に地球に接近してくるということをアメリカの学者とともに発表したことは映画製作の大きな動機になったであろうと思われます。
それにしても「地球最後の日」の結末は怖い!

木内さんの著書で確認してみると、「宇宙の記憶」67ページに新聞記事のコピーがあります。
2156年8月15日前後、スイフトタットル彗星の大きさは直径20キロくらい、
(直径0.5キロの彗星でも一万メガトン級の爆弾と同じ威力で広島原爆の一万7千倍、全面核戦争と同じ規模に相当する、直径20キロとなると6500万年前に恐竜が絶滅したと同じくらいの破壊力)
「臨死体験が教えてくれた宇宙の仕組み」では186ページに記載があります。
ほうき星の頭の部分をこまというのですが、そのコマには宇宙の塵が含まれていて衝突は免れても、月よりも地球に近い七万キロの処を通過するときに地球は飲み込まれて、塵と大気との摩擦熱が2千度にも達する。
つまり、一瞬にして地球上の生物は消滅してしまう。
NASAやスミソニアン天文台からは木内さんに連絡が良く来るそうですが、100年後といっても、すぐに準備を始めないと間に合わない、ということで回避と観察のために宇宙ステーションの建設も始まったそうです。191ページに唯一の回避の方法を書いてありますが、その準備も着々と進められているようです。


地球最後の日 (創元SF文庫)


「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み


生き方は星空が教えてくれる


宇宙(そら)の記憶―彗星捜索家の臨死体験